週末のブレントフォード戦でプレミアリーグ7試合目にして初の敗北を喫したブルーズだが、その反面で週半ばにはチャンピオンズリーグの大きな試合が控えており、集中力を研ぎ澄ますのに役立つことを願いたいところだ。

トーマス・トゥヘル監督は、レアル・マドリードとのホームゲームに向けて何が必要かを考え、大敗を喫したこと、そしてスペインリーグ首位との対戦にもかかわらず、急な変更は必要ないと明言している。

「やるべきことをやるだけで、今、特別なことは必要ない。」

「1年を通して築いてきたものと信頼に頼らなければならない。」

「再び集中するためのルーティン、トレーニングで強くなるためのルーティン、ミーティングに集中するためのルーティン、そしてそれを最高の形で行うためのルーティンに頼ることになる。」

「今更、特に変わったことをしたり、狂ったようなスピーチをしたりすることはないと思う。次の試合のために必要なことをするのであって、それがビッグネームであろうとなかろうと、シーズン最後の数週間は厳しい試合しかないんだ。」

「今、チェルシーはより良く、より高いレベルで、より献身的に、より成熟して、自分たちの仕事をする必要がある。なぜなら、プレミアリーグという世界で最も厳しいリーグで今回のようなことが起きれば、罰を受けることになるからだ。」

レアル・マドリードが準々決勝第1戦で対戦する相手がその前の試合で大敗を喫したことをどう見るかは、トゥヘルにとってほとんど気にならないことだろう。

「勝利は常に次の試合の準備に最も役立つ。だから今は大敗を消化しなければならないから、少し難しい」認めるトゥヘル。

「このような結果になるとは思っていなかったし、試合中にもああいった展開になると思わなかったことも問題だった。自分も選手も予想していなかった結果となった。だから、これから消化する方法を見つけてレアル・マドリード戦に備えたいし、レアルは自分たちサッカーをやりたがるだろう。」

週末にゴールを決めることができなかったカイ・ハフェルツは、プレミアリーグで過去3試合に出場して4ゴールを挙げていたが、連続得点記録もこれで終わりを告げた。トゥヘルはそれでも彼のセンターフォワードとしてのプレーに感銘を受けたようだ。

「彼がチームで最も強い選手だと感じたよ。彼は動物のようにプレーし、とても危険だった。彼のパフォーマンスにはとても満足しているよ。」