シーズン開幕から2連勝し、アンフィールドでは10人で引き分けにもちこんだトーマス・トゥヘルが、プレミアリーグの月間最優秀監督賞にノミネートされた。

リヴァプール戦では、リース・ジェイムズが退場処分を受け10人でプレーすることになったものの、チームは後半に素晴らしいプレーを見せ引き分けにもちこんだ。

開幕からクリスタルパレス、アーセナルに勝利したブルーズは、これによりリーグ無敗を維持した。

モハメド・サラーが決めたPKは、270分間で許した唯一のゴールであり、逆にマルコス・アロンソが開幕週のイーグルス戦で決めた先制点を含め、チェルシーは6ゴールを記録している。また、アロンソは、月間最優秀選手にノミネートされている。

トゥヘルは3月にも監督賞を受賞しており、ドイツ人監督としてはユルゲン・クロップに次いで2人目の受賞者となった。8月の他の候補者は、ウェストハムのデイビッド・モイーズ、トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント、エヴァートンのラファ・ベニテス。スパーズは、3試合連続で1-0の勝利を収め、100%の勝利率を誇る唯一のチームだ。

投票は9月6日(月)12時に締め切りとなり、その4日後に受賞者が発表される。

トーマス・トゥヘル監督に投票しよう!