10月のチェルシーはすべての試合で勝利し、わずか1失点という完璧な成績を収めた。これが評価され、トーマス・トゥヘル監督がプレミアリーグの月間最優秀監督賞にノミネートされた。

トゥヘルは、2月、3月、8月に続き、10月も月間最優秀監督にノミネートされることになる。

9月最後の試合でマンチェスター・シティにホームで敗れた後、ブルーズは4連勝を記録しリーグ首位となり、2位以下との差を3ポイントに広げた。

また、この月のリーグ戦4試合で14得点1失点と、チームは絶好調を維持している。

その大きな要因となっているのが、ディフェンス陣が得点数の半分を占めるようになったことだ。トゥヘル監督は、高い位置に配置されたウイングバックを巧みに活用しているが、これは明らかに効果を上げている。

特に、ティモ・ヴェルナーとロメル・ルカクが10月のプレミアリーグの試合の半分を怪我で欠場していたこともあり、チーム全体のローテーションがうまくいった。

カイ・ハフェルツは、ニューカッスル戦でPKを獲得するなど、トップ下で重要な役割を担い、カラム・ハドソン=オドイやハキム・ツィエクなどが活躍している。10月に最大限のポイントを獲得したことで、リーグ戦では10試合を終えた時点でリヴァプールとマンチェスター・シティを上回り、現在首位に立っている。

今月、トゥヘルの他にノミネートされたのは、リヴァプールのユルゲン・クロップ、ウェストハムのデイヴィッド・モイーズ、そしてクリスタルパレスの新監督、パトリック・ヴィエイラの3人。投票は英国時間11月8日(月)の正午まで受け付けていおり、優勝者はその週の終わりに発表される。

トゥヘル監督への投票はこちらから!