トーマス・トゥヘルが無事アブダビに到着し、明日のFIFAクラブワールドカップ決勝を前にホテルでチームに合流した。

コロナウイルスの陽性反応が出て以来、監督はチームから離れ療養していたが、陰性結果が出たため、プロトコルに従って渡航許可を取得し、金曜日にアラブ首長国連邦に飛び立つことができた。

トゥヘルは、先週末にチームと一緒にUAEに移動することも、クラブワールドカップ準決勝のアル・ヒラル戦とその前に行われた土曜日のFAカップのプリマス戦に帯同することもできなかったが、これらの試合やトレーニングに関してもコーチングスタッフと常に連絡を取り合っていた。

今日の夕方、決勝前の最後のトレーニングの直後にようやくチームに合流で来たトゥヘル。

これでムハンマド・ビン・ザイードで行われるパルメイラスとの決勝は、ピッチラインから選手たちに指示を送り、クラブにとって初めてのクラブワールドカップのトロフィー獲得を選手と共に狙うことができる。