トーマス・トゥヘルは、セサル・アスピリクエタが自身の将来についてピッチ外の議論に影響されているとは考えておらず、外部の雑音には「非常にプロフェッショナル」に対処していると考えているようだ。

チェルシーのレジェンドであるアスピリクエタは、クラブでの10年目を迎え今夏に契約満了となるが、トゥヘルは彼の将来についてまだ決まっていないことは「理想的ではない」ことを認めている。

トゥヘルは試合前の記者会見で、「理想的には、選手の将来は普通にすぐに、あるいは話し合いで解決するのが望ましい」と語っている。

「だけど、我々は理想郷に住んでいるわけではない。アスピとの契約状況はかなりはっきりしていると思う。契約延長の件に関して、彼については最大のプレッシャーではない。ご存知の通り、他にもまだ完全に解決していない契約状況にある選手がいる。」

「これは理想的なことではない。また、これは誰のせいでもない。アスピは非常にプロフェッショナルに対処しているし、それが彼のパフォーマンスに影響を与えるという感覚はない。」

「密室で話し合いを進めている。そうやって対処することなんだ。」

トゥヘルはまた、今日の対戦相手であるクリスタルパレスで好調なコナー・ギャラガーの将来についても語った。

「常にもう一つのステップであり、別の環境であり、すべての選手には個別の解決策が必要だ。何度も言っているように、チームとしては彼が残留することを望んでいた。」

「プレシーズンでは、彼は素晴らしい活躍をしたので、チームに良い影響を与える可能性があると思った。」

「彼は素晴らしい人間で、アカデミー出身ということもあり、チェルシーをとても大切にしている。彼がいることはとてもいいことだし、プレシーズンでは印象的なプレーを見せた。だけど、ある機会が訪れ、彼らは彼により大きな役割を与え、彼は当然オファーを受け入れた。」

トゥヘルはパレスがギャラガーにとって成長を続けるのに適したクラブであると信じているが、シーズンはまだ先が長いと念を押している。

「そして、彼はクオリティとエネルギーに溢れたプレーでチャンスを掴み、いくつかのステップを駆け上がり、素晴らしい成長を遂げている。」

「もし彼がチェルシーに残っていたら、同じようになっただろうか?誰もわからないよ。彼は明らかに成長したのだから、良い決断だったといえるだろう。今すぐ決断する必要はないのから、時間をかけて見極めていくことになる。」

シーズンはまだ終わっていないし、彼はクリスタルパレスで最高の形でシーズンを終える必要がある。」

「そして、チームが何を望んでいるのか、彼が何を望んでいるのかを確認し、話し合いをして決めることになる。自分としては彼がチェルシーの選手であることに満足している。」