チャンピオンズリーグ初戦を1-0の敗戦で終えた後、トーマス・トゥヘルは自身とチームのパフォーマンスを正直に評価した。

クロアチアのディナモ・ザグレブは序盤にリードを奪うと、その後もリードを保ったまま試合を進めた。チェルシーの攻撃は枠内へのシュートが2本と終了間際のリース・ジェイムズのシュートがポストに直撃するだけという結果に終わり、トゥヘルが期待する水準をはるかに下回る内容だった。

「自分自身にも腹が立つし、パフォーマンスにも腹が立つ」と試合後に分析したヘッドコーチ。「チーム全体が低調だった。正確さが足りないし、精密でも攻撃的でもない。決定力も足りない。個人としてもチームとしても不十分で、それが今日の敗因だ。」


トゥヘル監督は、現在好調の選手があまりいないことを認め、こう付け加えた。

「解決策を見出すのは自分の役目だ。明らかに個々のパフォーマンスは落ちている。今日のパフォーマンスがどこから来ているのか、よくわからない。ハングリー精神の欠如、激しさの欠如、デュエルに勝つという決意の欠如、そして最高レベル、最もタフなレベルでプレーするという決意の欠如だと思う。」

「プレミアリーグとチャンピオンズリーグで簡単に試合に勝てることなどできない。これらの大会は最高レベルにあり、自分たちはまだ満足できる状態にいない。」


「良い方向に進んでいると思っていたから、今日のこのパフォーマンスには驚いている。」

トゥヘル監督は、自分自身に不満があるのは、チームのこのようなパフォーマンスを想定していなかったからだという…

「前回の試合はチームを助けてくれたと思う。ウェストハム戦では非常に難しい場面で良い反応を見せてくれた。ちょっとした運が必要な状況で、運が良かったし、良いトレーニングもできたし、チームは準備できていたと思う。」

チェルシーがディナモを過小評価したかと聞かれ...

「個人的にはそんなことはしない。もししていたのなら、それは大問題だ。」