チェルシーでの100試合目となったアントニオ・リュディガーは、レスター戦で先制ゴールだけでなく、逆転を許した後にも同点弾を記録。ヘディングでの2得点はトレーニングでの取り組みによる結果だと述べた。

キャリア初の1試合2ゴールを達成したリュディガー。前回得点を記録した2018年10月のマンチェスターU戦も2-2の引き分けに終わっている。しかしながら今回の試合はレスターとの試合は差を縮めるため、トップ4以上を狙うためにも重要であり勝つ必要があったとリュディガーは振り返った。「この勝ち点は自分たちにとって大きいけど、ウィンターブレイク明けの試合こそがシーズンの結果を左右してくる。自分たちはもっと良くなる必要があるよ」と述べたリュディガー。リーグ再開後チェルシーはホームでマンチェスターU、トッテナムと対戦する。「ウィンターブレイクはメンタル的にも良いね。リーグが再開する頃には最高の準備ができているよ」

「レスターは良いチームだしまとまりがある。ただ最初の30分は自分たちがペースを握れていたね。そこから隙を突かれて相手にチャンスを作られてしまった。ウィリー(・カバジェロ)がナイスセーブをしてくれたけど、自分たちもチャンスを作ってゴールを決める必要があったんだ。これは自分たちがいつも抱えている問題だよ」「ようやく自分がゴールを決めることができた。セットプレーはよく練習しているし、流れを引き寄せられたね」「セットプレーはいつも狙っているし、メイソン(・マウント)が良いボールをくれたから決める自信はあったよ」素晴らしい2点目を決めたリュディガーだったが、すぐにボールを拾い上げセンターラインまで戻った。

「2-2の時点で時間も残っていた。だからみんなを鼓舞したかったんだ」「ベン・チルウェルにゴールを決められたときは、相手が2人いたから守るのが難しかったんだ。でも自分のヘディングゴールは良かったと思うよ」

今シーズンのリーグ初ゴールを決めたリュディガー。その後ろではカバジェロがゴールマウスを守っていた。

「自分にとってどちらのキーパーとも良い関係性を築くことが大事なんだ」とリュディガーはコメント。「自分たちは監督の判断を尊重する。ウィリーにもケパと同じような信頼を寄せるし、良いパフォーマンスを見せていたと思うよ」

マッチレポートはこちら