3月のチェルシーベストゴールには、男子、女子、アカデミーの各チームから10ゴールが候補に挙がっている。土壇場での勝利、ロングシュート、個人技からのゴールなど、今回の月間ベストゴールの投票は接戦になるかも...。

男子チームが6試合全てに勝利し、女子チームが女子スーパーリーグの頂点に返り咲いた3月は、多くの素晴らしいゴールが生まれた1ヶ月となった。

ノミネートされた10ゴールの詳細は以下のビデオですべてを見ることができます。投票はこのページの下から。

カイ・ハフェルツvsニューカッスル

ニューカッスル戦でのカイ・ハフェルツの劇的な決勝戦は、すぐに忘れられるものではないだろう。ジョルジーニョの完璧なスルーパスを左足でトラップした瞬間に本能的にゴールに叩き込み、スタンフォードブリッジでチームに勝ち点3をもたらした。

ハキム・ツィエクvsミドルスブラ

FAカップ準々決勝対ミドルズブラ戦では、ハキム・ツィエクが今シーズン自身3点目となるゴールをエリア外から決めた。右サイドでメイソン・マウントからボールを受けたハキムは、中に切り込み、低い弾道のシュートをゴール下隅に突き刺した。

グロ・ライテンvsレスター(2点目)

ハーフタイム前に行われたレスター戦(9-0)でのグロ・ライテンの2点目も候補のひとつ。チ・ソヨンがペナルティエリアの左側でライテンにボールを送ると、11番は大胆なチップでゴール右上隅に決めた。

メイソン・マウントvsノリッチ

メイソン・マウントにとってノリッチは得意な対戦相手だ。3月の対戦でも、エリア手前でボールを受けた彼は右足でシュートを放ち、ゴール上隅に決めた。

ティエルノ・バロvsリーズ

バロは、ラピッド・ウィーンへのレンタル移籍から復帰後、リーズ戦で今季2点目となる決勝点を決めた。ブロディ・ヒューズの素晴らしいフィードからディフェンスラインの裏に出たディオン・ランキンが後方へのクロスを送り、これをバロがうまくフィニッシュした。

カイ・ハフェルツvsノリッチ

ハフェルツは3月に何度も素晴らしいゴールを決めており、ノーフォークでの勝利を決定づけたこのゴールが月間最優秀ゴールの2つ目のノミネートとなった。

このゴールは、ノリッチ戦での勝利の決め手となった。エンゴロ・カンテの素晴らしいプレーの後、カイはペナルティーエリア内のスペースを見つけ、左足でゴール隅にシュートを決め、3-1でブルーズが勝利した。

グロ・ライテンvsレスター(1点目)

先週末の日曜日、キング・パワー・スタジアムで行われたレスター戦の前半3分にライテンが決めたフリーキックは、間違いなく3月のベストゴールにノミネートされるべきだろう。このノルウェー人選手はフリーキックを獲得すると、自らカーブをかけて壁を越えるシュートを放ち、フォックスのデミ・ランボーンを破りゴールを決めた。

リース・ジェイムズvsバーンリー

10週間ぶりに先発メンバーに復帰したジェイムズは、今月上旬のバーンリー戦で見事なゴールを決めた。

トレヴォ・チャロバーからボールを受けたリースは、一度だけでなく二度もシュートのフェイントを入れバーンリーのディフェンダー3人を後退させ、そこからニック・ポープを越えるシュートを放ったのだ。

ニアム・チャールズvsウェストハム

ウェストハムでのニアム・チャールズのゴールも候補に挙がっている。ペルニル・ハルダーが落としたボールを21番がハーフボレーでゴールネットを揺らし、2-0とした。これはニアムにとって今シーズンの初ゴールとなった。

サム・カーvsアストンヴィラ

サム・カーはアストンヴィラ戦でチェルシーでの50ゴール目を決めた。アディショナルタイム2分、ゼシラ・ムソビッチのクリアボールをミリー・ブライトが受け、サム・カーが見事なゴールを決めた。