10月、チェルシーはリーグ・カップ戦の両方で合計19ゴールを決め、多くの勝利を収めました。女子チームはチャンピオンズリーグでの好成績を維持し、若い世代ではPL2で2勝1分け1敗という成績を残しました。

10月は数多くのゴールが生まれたため、月間ベストゴールの最終候補リストを作成するのに苦労しましたが、全チームの中から7つの素晴らしいゴールを選びました。

候補となったゴールは以下の通りで、7つのゴールはすべてビデオで見ることもできます。投票するには、ページを下にスクロールして、お気に入りのゴールを選んでください。

今すぐ投票しよう!

ベン・チルウェル vsブレントフォード(A)プレミアリーグ

1-0で勝利したブレントフォード戦で、チルウェルが放った強烈なハーフボレーがまずノミネート。エリア端で適切なタイミングでボールを受けたチルウェルは、力強くゴールを決めた。

メイソン・マウント vsノリッチ(H)プレミアリーグ

ノリッチを7-0で撃破した際にマウントが決めた先制点もリストに入った。ノリッチのエリア端でスペースがほとんどなかったにもかかわらず、ボールを右足に移し、ゴール下にきれいに流し込んだ。これは、この日彼が決めた3点のうちの1点目だった。

リース・ジェイムズ vsニューカッスル(A)プレミアリーグ

10月下旬、ニューカッスル相手にゲームを支配していたブルーズ。ニューカッスルの頑強なディフェンスを破ってゴールを決めるには、リース・ジェイムズの一瞬の判断力とプレーの正確さが必要だった。

サム・カー vsヴォルフスブルク(H)女子チャンピオンズリーグ

チェルシー女子のストライカー、サム・カーがヴォルフスブルクのGKアルムート・シュルト相手に決めた大胆なチップシュートがノミネートされた。完璧なパスを受けたオーストラリア代表のカーは、見事なフィニッシュを決めてその実力を見せつけた。

エリン・カスバート vsユベントス(A)女子チャンピオンズリーグ

エリン・カスバートは、女子チャンピオンズリーグのユヴェントス戦で見事な独走からゴールを決め、10月のベストゴールにノミネートされた。

ブライアン・フィアベマ vsダービー(H)PL2

ノルウェー出身の若きストライカー、ブライアン・フィアベマは、ホームでのダービー戦(2-0)で、ワンタッチで本能的にゴールを決めた。

ディオン・ランキン vsマルメ(H) UEFAユースリーグ

UEFAユースリーグのマルメ戦(4-2)で、ランキンが決めた左足でのゴール。