若きビリー・ギルモアはファーストチームで初めてのフル出場。ブルーズで活躍する2人の選手からも賞賛を受けている。

シェフィールド・ユナイテッド戦でファーストチームデビューを果たしたギルモア。カラバオ杯のグリムズビー戦ではフル出場で7-1の勝利に貢献した。

「ビリー・ギルモアにとってはファンタスティックなデビューだった。中盤から試合をコントロールしていたよ」ランパードは話す。

「彼らがそれに値するから、デビューさせた。ビリーはピッチ上でもベストプレイヤーだったね。ボールを素早く動かし、正確なパスをしていたよ」

過去にはセスク・ファブレガスのプレーから学んだとも話したギルモア。スタンフォードブリッジで活躍したセスクの存在感は大きかったようだ。

試合後にはセスクもTwitterでギルモアを賞賛した。

スタンフォードブリッジにいたファンも、ギルモアのプレーを見たことがないファンも、ビデオセクションからはギルモアのプレー集をチェック可能だ。

試合後にはギルモアがコメント:

「初めてのフル出場で嬉しい。勝利したのも大きいね」

「あっという間だった。チェルシーのファンの前でプレーできて嬉しいね。チームのパフォーマンスも良かった。攻撃では相手に脅威を与えていたよ」

「自分はこのためにハードワークをしてきたから、今日のことは衝撃ではないよ。でも、自分には自分のできることを証明する必要があった。今日は良いプレーができたと思うよ」