昨日、UEFA(欧州サッカー連盟)が大会におけるアウェーゴール規定の廃止を決定したことを受けて、今回はカップ戦においてスコアが同点であったにもかかわらず、アウェーゴールによりチェルシーが勝ち進んだ勝負を振り返ってみた。

昨日、UEFA(欧州サッカー連盟)が大会におけるアウェーゴール規定の廃止を決定したことを受けて、今回はカップ戦においてスコアが同点であったにもかかわらず、アウェーゴールによりチェルシーが勝ち進んだ勝負を振り返ってみた。

このルールが2本勝負の対戦に明らかに影響を与えているにもかかわらず、チェルシーにとってアウェーゴールで勝敗が決したのは、チャンピオンズリーグの歴史上5回しかない。3回(アビダバーグ1971/72、バルセロナ2008/09、PSG2014/15)は敗北に終わったが、2回はブルーズにとって有利な結果となった。

1994/95 - オーストリア・ウィーン

最初に成功したのは1994/95のカップウィナーズカップで、グレン・ホドル監督率いる90年代のチェルシー再隆起の礎となった。

スタンフォードブリッジでは、オーストリア・ウィーンが10人になったにもかかわらず、相手の堅固なディフェンスに阻まれてスコアレスドローに終わった。

オーストリアでの第2戦、ハーフタイム前にホームチームが先制点を決めたが、その後ジョン・スペンサーがオーストリアを訪れたすべてのチェルシーファンの記憶に残るゴールを決めた。

ウィーンのコーナーからのシュートをブロックすると、スペンサーは奇しくも自陣のペナルティエリアから10ヤードほどのところで最後の1人のディフェンダーをかわすことになる。

この小柄なフォワードは、相手チーム全員が必死に彼を追う中、ボールを持ってエルンスト・ハッペル・スタジアムのピッチの大部分を疾走し、疲れていたに違いないだろうが、信じられないほどの冷静さでGKをかわしボールをゴールに押し込んだのだ。

オーストリアでの第2戦、ハーフタイム前にホームチームが先制点を決めたが、その後ジョン・スペンサーがオーストリアを訪れたすべてのチェルシーファンの記憶に残るゴールを決めた。

ウィーンのコーナーからのシュートをブロックすると、スペンサーは奇しくも自陣のペナルティエリアから10ヤードほどのところで最後の1人のディフェンダーをかわすことになる。

この小柄なフォワードは、相手チーム全員が必死に彼を追う中、ボールを持ってエルンスト・ハッペル・スタジアムのピッチの大部分を疾走し、疲れていたに違いないだろうが、信じられないほどの冷静さでGKをかわしボールをゴールに押し込んだのだ。

後半、オーストリア・ウィーンが強烈なハーフボレーを決めて1点を返したものの、追加点は奪えず、スペンサーのアウェーゴールでチェルシーが勝利し、その後クラブ・ブルージュにも勝利したが、ベスト4でレアル・サラゴサに4-3で敗れた。

2013/14 – PSG

チェルシーは、パルク・デ・プランスで行われたチャンピオンズリーグ準々決勝の第1戦で、ハビエル・パストーレの93分に決めたゴールにより3-1の敗北を喫した。

ブリッジでの第2戦では、30分にアンドレ・シュールレがゴールを決めて1点を返し、そのあともクロスバーを叩くなどチェルシーが勝負を決める2点目を狙い続ける。

また、オスカルのシュートもポストに阻まれ、PSGもエディンソン・カバーニが好機を逃すなど、欧州での対戦では初めてのことばかりだった。

その結果、ベンチから出場したデンバ・バが終盤に大活躍した。残り2分、セサル・アスピリクエタのシュートはエリア内で弾かれたが、セネガルのストライカーがボールをゴールに押し込み、アウェーゴールの差で準決勝に進出した。

第1戦でエデン・ハザールが決めたPKによりチェルシーは2度目となるアウェーゴールによる勝利を掴んだ