チェルシーの元ウインガー、ウィリアンが2013年夏にスパーズではなくチェルシーと契約した理由を明かした。

2013年の夏、元ブラジル代表のウィリアンは、ロシアのアンジ・マハチカラからの完全移籍を完了させるためにロンドンに滞在していたが、トッテナムのトレーニングセンターで契約にサインをする寸前に、SW6からオファーがあったという知らせを受けたのだという。

この決断は秒を争うもので、彼の決断はブルーズファンに歓迎され、彼はブルーズの伝説として語り継がれることになる。

「当時2週間ロンドンにいて、ガレス・ベイルのレアル・マドリードへの移籍が噂されていて、スパーズの決断を待っていたんだ」とアスレチック紙に語る現在34歳のウィリアン。

「リヴァプールも興味を持っていた。チェルシーについてはよくわからなかった。彼らは興味を示していたが、最初はそれほど確かなものではなかった。チェルシーは、スパーズとの契約にサインする予定だった日にやってきた。トッテナムの練習場で契約の最終確認をしているときに電話がかかってきたんだ。代理人から『チェルシーから電話があったよ、君を獲得したいそうだ』と言われた。だから『OK、そこに行きたい!』と答えたんだ。」

「それから練習場を出て、ホテルに戻った。スパーズへの移籍はほぼ合意していたけど、自分の頭の中にはチェルシーしかなかったから、難しい状況だったんだ。アンジとチェルシーとの交渉がまとまってからは、チェルシーだけしか考えなかった。自分のキャリアの中で最高の決断だった。」

ウィリアンは、チェルシーで7年間、336試合に出場し、63ゴールを挙げ、2つのプレミアリーグ優勝を含む5つの栄誉を手にした。

2020年夏にアーセナルに移籍し、現在はフラムに所属しているが、かつてのクラブの動向には目を光らせているようで、元チームメイトのセサル・アスピリクエタが時代の変化の中で貴重な継続性をもたらしてくれたと考えている。

「セサル・アスピリクエタは頼もしい人間だよ。彼はとても良い選手で、クラブにとって重要な選手だ。彼は10年間チェルシーでプレーしていて、その経験で若い選手たちを助けることができる。」

「チェルシーはビッグクラブで、世界でもトップクラスのクラブだ。毎年、監督が変わっても、多くな目標に向かって戦っているし、常にタイトル争いに絡んでいる。自分がいた7年間には、ジョゼ・モウリーニョ、フース・ヒディンク、アントニオ・コンテ、マウリツィオ・サッリ、フランク・ランパードと監督が変わっていったけど、それでもクラブは止まらなかったし、選手たちは常に何かを求めて戦っていた。」

「プレミアリーグで優勝するのは難しい。マンチェスター・シティが強くて今はもっと大変だ。シティは誰もが倒したいと思うチームだし、それはリヴァプールにも言える。でも、今シーズンは調子を上げてきたチームがたくさんあるから、どのチームにとっても難しくなるだろうね。」