チェルシーFC女子はバイタリティー女子FAカップの4回戦を突破した。

土曜日の午後、バンクススタジアムで行われたアストン・ヴィラとのFAカップは、グロ・レイテンの一撃とペルニル・ハーダーのPKで幕を開けた。

エマ・ヘイズは、ミッドウィークにキングスメドウで行われたウェストハム・ユナイテッドとのバークレイズFA女子スーパーリーグで勝利したチームから4人の選手を変更した。

アルス・アブドゥリナがデビューを果たし、ゼチラ・ムシビッチ、ドリュー・スペンス、ジェス・カーターがFAカップの先発メンバーとして出場することになった。

アン=カトリン・バーガー、ナイアム・チャールズ、エリン・カスバート、ソフィー・イングル、ローレン・ジェームズのほか、若手のエイミー・クレイポール、エマ・トンプソンがベンチに入った。

一方、ヴィラは、マンチェスター・シティからレンタル移籍してきたジル・スコットが初先発を果たした。

この日、ブルーズが最初に決定的なチャンスを得たのは10分過ぎのことだった。フラン・カービーがボックス内にループしたボールを、走りこんできたライテンがシュートした。ハンナ・ハンプトンは大きな存在感を示し、先制点を阻んだ。

その7分後、レイテンがボックス内でボールを受け、ターンし、ハンプトンをかわしてファーサイドの隅にシュートを決め、リードした。

その直後、ハーダーがヴィラの陣地を抜け出し、ボールを入れるが、ヴィラはこれをクリアする。

その10分後、レイテンがペナルティーエリア内で倒れ、ハーダーが2点目を決めた。このボールは、ハンプトンの逆をつき、ゴール右上に突き刺さった。

ヴィラがプレーを再開した直後。カービーがボールをインターセプトし、遠くからシュートを放った、ハンプトンはコーナーフラッグに向かってボールを弾き出さざるを得なかった。

ヴィラは前半はほとんどチャンスがなかったが、サラ・メイリングがフリーキックを放つと、ジェシー・フレミングが頭でクリアした。マユミ・パチェコが遠目からシュートを放つが、ムソビッチのゴールのはるか上空に外れる。

ヘイズはハーダーに代えて、ナイアム・チャールズを起用した。カーターがポストに向かってループ状のクロスを入れると、27番はあと一歩のところでゴールにつながらず、3点目を挙げることができなかった。

しかし、ブルーズは執拗に次のゴールを狙い、その努力が実を結び、カービーがレイテンにボールを送ると、レイテンはハンプトンにビッグセーブのチャンスを与えず、18ヤードのボックス内でゴールに流し込んだ。

残り20分、ジェームズは11月のチャンピオンズ・リーグのセルヴェット戦以来、初めて出場した。フィールドに立つとすぐにインパクトを与え、ヴィラのディフェンダー2人をかわしてゴールを狙ったが、ニアポストにわずかに外れた。

後半は、トンプソンとクレイポールの2人がシニアデビューを果たし、チェルシーが快勝した。しかし、後半ロスタイムにペッツェルバーガーがPKを決め、ヴィラが1点を返した。

水曜日の夜にはコンチネンタルタイヤリーグカップの準々決勝でマンチェスター・ユナイテッドを迎え、日曜日には女子スーパーリーグでマンチェスター・シティを迎える。チェルシーは重要な一週間を過ごすことになる。

この試合では2位対5位の対決となり、現在アーセナルに1試合少ないが4ポイント差をつけられている。上記の試合後にはブルーズのリーグタイトル争いがどの程度接近しているかが分かるかもしれない。

アストン・ヴィラ(4-3-3)ハンプトン、メイリング、アレン(マクローギン 87)、アサンテ(コルシー 68)、アーサー(ハットン 68)、ペッツェルベルガー、ヘイルス(ブラインドキルデ 68)、リトルジョン(エワーズ 87)、パチェコ、スコット、パッテンサブ:ロジャース、ボイエ・ヒョルカ、ヘイウッド得点: ペッツェルベルガー 90+3

チェルシー(4-1-4-1) ムソビッチ、アンデルソン(イングル 65)、ヌーエン、ブライト、カーター、スペンス、フレミング(クレイポール 80)、アブドゥリナ(トンプソン 80)、レイテン、ハーダー(チャールズ 45)、カービー(ジェームズ 71)サブ:ベルガー、カスバート得点: レイテン17、61、ハーダー27

主審:アビゲイル・ブライネ観客: 1,093人