チェルシー・ウィメンはブライトンを3-1で下しリーグ3連勝を果たした。

土曜日の午後、キングスメドウで行われたシーガルズ戦では、グロ・ライテン、サム・カー、ベサニー・イングランドのゴールでブルーズが勝ち点3を獲得した。

序盤はチェルシーが主導権を握り、すぐに先制しそうになったが、エリン・カスバートのクロスに合わせたペルニル・ハルダーのヘディングシュートはわずかにポストを外れた。その後、ハルダーがオーストラリア人のカーにボールを通したが、カーはシュートを打つことができなかった。

そしてようやく先制点が生まれる。カスバートの素早いスローインからハルダーが相手ディフェンスの背後に回り込み、ボールはフラン・カービーに渡った。続いて、カービーからパスを受けたライテンがワンタッチでブライトンのGKミーガン・ウォルシュをかわしてシュートを決めた。

チェルシーは、前半20分にキャプテンのマグダレーナ・エリクソンの活躍によりブライトンの同点弾を防ぐ。エリクソンはアイリーン・ウィーランのゴール隅へのシュートを見事にヘディングでクリアした。

そしてブルーズに追加点が入る。ここ2試合で2得点しているカービーが中盤でボールを拾い、ボックス内にループ状のボールを送ると、受け取ったカーが突進してきたGKをかわし空中で倒し、2-0でリードした。

序盤はチェルシーがリードしていたが、ハーフタイム後は対戦相手のブライトンがすぐに反撃に出る。47分、ウィーランがエリア内でターンしてクロスを送り、FWダニエル・カーターがゴール下に低い弾道のシュートを放ち、1点差に追いついた。

47分には、カスバートのCKにライテンが合わせて3点目を挙げようとしたが、これはクロスバーに阻まれてしまった。

残り10分以上のところでエマ・ヘイズはイングランドを投入したが、この交代がすぐに効果を発揮した。

カービーの低いクロスに反応したイングランドが落ち着いてゴールを決め3-1とし、結果チェルシーが勝ち点3を獲得した。

チェルシーは水曜日、ヴォルフスブルクをホームに迎えて、チャンピオンズリーグ・グループステージ初戦に臨む。

チェルシー (3-4-3) :ベルガー; ブライト、カーター、エリクソン;カスバート (チャールズ 77), イングル、ロイポルツ、ライテン (アンデション83); カービー (フレミング 83)、カー (イングランド 77)、ハーダー

サブ:ムゾビッチ、テルフォード、ノウエン、スペンス、フォックス

得点者:ライテン9、カー37、イングランド79

警告:ブライ 27

ブライトン(4-2-3-1): ウォルシュ;ル・ティシエ、ケルクダイク(シンプキンス46)、ウィリアムズ、コイビスト;コノリー(ブラジル71)、ウィーラン;グリーン、ギボンズ、カーグマン;カーター(ババジデ86)

サブ:ステンソン、ロビンソン、アリモロ、バンス、コーディエ

得点者:カーター 47

警告:マン 64

主審:エイミー・ファーン

観客数:2,480人