エマ・ヘイズが率いるチェルシーFCは、レディングに5点差をつけ、タイトル争いに不可欠な3ポイントを獲得し、バークレイズFA女子スーパーリーグで首位をキープした。

残り4試合、ブルーズは2位のアーセナルに勝ち点1差をつけて、リーグ3連覇を目指そうとしている。 ジェシー・フレミングのゴール、ベサニー・イングランドとサム・カーのゴールで、5-0の圧勝を収めた。

ブルースは、キングスメドウでの試合開始直後から、一方的な試合の流れを作り出し、プレーの主導権を握った。

最初のチャンスはフレミングが作った。エリン・カスバートはボックスで彼女をうまく誘い出したが、彼女のカーブしたシュートはゴールの枠を外れた。

グロ・レイテンのCKを9番が力強くシュートしたが、これはGKグレース・モロニーの正面だった。

フレミングは胸でボールをコントロールし、モロニーをかわして今シーズン7点目となるシュートを決めた。

後半は、前半と同じようにヘイズがリードしてスタートする。後半5分、ソフィー・イングルがボックスの端でスペースを見つけ、惜しいシュートを決めた。しかし、彼女のシュートはネットの外をかすめるように飛んでいった。

その直後、イングランドの華麗な一撃でリードを2倍にした。9番がボールを奪い返すと、レイテンにボールを通し、ボックス内に飛び込んできたノルウェー人のクロスを見事なボレーシュートでゴールに押し込んだ。

さらに25分には、カーが7試合連続となるゴールを決め、3点差とした。ライテンはフェイ・ブライソンからボールを奪うと、力強く前に出てカーにボールを渡し、カーはミスなく6ヤードの距離からゴールに流し込んだ。 その直後、20番は再び得点に絡む。左サイドでボールを受けたカスバートは、ゴール前にボールを入れ、カーが今シーズン16点目のゴールを決めた。

そしてロスタイムには、イングランドがペナルティエリア内で倒された後、この試合5点目となるゴールを奪った。このゴールは、イングランドがペナルティーエリア内で倒れた後のロスタイムに、9番が12ヤードの距離からノーミスでゴール左上に決め、ブルーズにとって完璧な一夜となった。

これでインターナショナルブレイクに入る。4月17日(日)には、アーセナルとバイタリティ女子FAカップの準決勝を戦う。

チェルシー (3-5-2): Musovic; Eriksson, Nouwen (Mjelde 78), Bright; Reiten (Andersson 78), Fleming (Abdullina 81), Ingle, Cuthbert (Spence 81), Carter (Charles 78); Kerr, Englandサブ Berger, Thompson得点 Fleming 40, England 52, 90, Kerr 65, 77

レディング (5-4-1): Moloney; Woodham, Evans, Harding (Primmer 79), Cooper, Bryson; Rose, Peplow, Eikeland, Harries (Troeslgaard 56); Roweサブ Stewart, Dowie, Robertsカード Chambers 53

審判 Emily Heaslip観客 2,485