チェルシーは、キングスメドウでユヴェントスとスコアレスドローで惜しくも引き分け、女子チャンピオンズリーグの決勝トーナメント進出を決めることができなかった。

数日前に女子FAカップ決勝でアーセナルを破り、2021年の国内リーグ制覇を成し遂げたブルーズだったが、エマ・ヘイズ監督はキックオフ前に「崩すのが難しいチームが相手になるだろう」と語っていた。

実際試合はその通りになった。ビアンコネーレは深いディフェンスラインで多くの人員を守備に回し、チェルシーに自由に攻撃できるスペースを与えないようにしていた。

それでも、ブルーズはいくつかのチャンスを作ることができた。特に、前半はほとんど相手陣地でプレーしていた。

序盤、ユーヴェのGKポリーヌ・ペイロー・マニャンが弾いたエリン・カスバートのシュートは、ゴールではなくクロスバーに当たり、グーロ・ライテンとミリー・ブライトのシュートもファインセーブで阻まれた。サム・カーもキーパーをかわしてゴールを狙ったが、スペースがなくボールを押し込むことができなかった。

後半開始早々、カーがネットを揺らしたが、副審がオフサイドを指摘したため、ゴールは取り消しとなった。また、ベサニー・イングランドとブライトにもチャンスがあったが、いずれも得点には至らなかった。

グループAのもう一つの試合では、ヴォルフスブルクがセルヴェットに3-0で勝利し、勝ち点8で2位のユヴェントスと並んだ。ブルーズは3ポイント上回っているが、第6節にはドイツへの遠征が控えている。

最終節終了時に3チームが勝ち点11で並ぶ可能性もあるが、チェルシーは勝つか引き分けになれば、グループリーグを突破することができる。

その前に、チェルシー・ウィメンは土曜日にリーグ戦でレディングと対戦し、首位のアーセナルを追い越すことを狙う。

チェルシー(3-4-3)ベルガー;ブライト、カーター、エリクソン(c);カスバート、チ(ロイポルツ80)、イングル、ライテン;ハルダー(イングランド70)、カー、カービーサブ:ムソビッチ、テルフォード、ノウエン、フレミング、チャールズ、スペンス、アンデション、フォックス警告:カー88

ユヴェントス(4-3-3)ペイロー=マニン;ルンドルフ、レンツィーニ、サルヴァイ(c)、ボアッティン;ロズッチ、ペデルセン、ザマニャン(カルーソ63);ボナンセア(ニルデン90+3)、ジレッリ(スタスコバ73)、フルティグ(ボンファンティーニ74)サブ:アプリーレ、ハイリネン、ガマ、ジャイ、アルカンジェリ、ベッカリ、ファットナー警告:ペイロー=マニン87、ボナンセアー90+1主審:サラ・ペルソン(スウェーデン)観客数:1,808