火曜日にジュネーブで行われた女子チャンピオンズリーグで、チェルシーはセルヴェットに7-0で大勝した。火曜日にジュネーブで行われた女子チャンピオンズリーグで、チェルシーはセルヴェットに7-0で大勝した。

グループリーグの前2試合では、ヴォルフスブルクとユヴェントスに押されていたが、この試合では、開幕から2試合で3失点と5失点していた相手を撃破し、圧倒的な勝利を収めた。

前半25分には5-0となったこの試合、最初のゴールはエリア内でミリー・ブライトからパスを受けたメラニー・ロイポルツの強烈なシュートによるものだった。

その後、15分過ぎから3つのゴールを決め、完全に相手を圧倒し始めたチェルシーは、チャンピオンズリーグのグループステージにおける最多得点差勝利の記録へと向かっていった。

サム・カーがコーナーを回って放ったボールをフラン・カービーがスマートに決めると、そのすぐ後にはロイポルツのパスを受けたオーストラリア人のカービーが素早く2点目を決めた。

さらに、カービーのパスを受けたジェシー・フレミングが強烈なシュートを決め、ハーフタイムまでに6点のリードを奪った。

セルヴェットは後半、より粘り強く守ったが、グロ・ライテンがファーポストからタップインしてゴールを決め7-0とした。一方的な試合展開にもかかわらず、スイスのサポーターは決してチームを見捨てず、熱心に応援し続けていた。

チェルシーの素晴らしいパフォーマンスは、3月中旬にコンチネンタル・リーグカップ決勝で膝に重傷を負って以来、初めてピッチに戻ってきたマーレン・ミェルデの復帰によって終盤に締めくくられた。

全体的に見て、ほぼ完璧な夜となったチェルシーは、グループAの折り返し地点で勝ち点を7に伸ばし、次の木曜日、第4節でセルヴェットと今度はキングスメドウで対戦する。

その前に、日曜日の午後にはWSLでマンチェスター・シティとの対戦が控えている。

セルヴェット(4-2-3-1)ペレイラ;スーラード、スパルティ、フルニ、フルーリー(メーンドリー46);ラゴニア(c)(グエデ・レドンド71)、トゥフォ;タンプリン、ナッカチ(ブルマ71)、パディラ=ビダス;ボホ・サヤ(グリバス89)サブ:ドロス、フェルバー

チェルシー(3-4-3)ムソビッチ;ブライト、カーター(ミェルデ 66)、エリクソン(c)(アンデション57);カスバート(チャールズ 57)、スペンス、ロイポルツ、ライテン(フォックス 57);カービー、カー(イングランド 66)、フレミングサブ:テルフォード、ベルガー、イングル、チ・ソヨン、ジェイムズ得点者:ロイポルツ 8、カービー 16、26、カー 18、19、フレミング 38、ライテン 50

主審:イウリアナ・デメトレスク(ルーマニア)観客数:12,782人