チェルシーは、前半のオウンゴールとレッドカードを乗り越えなければならなかったが、グロ・ライテン、サム・カー、ジェシー・フレミングのゴールで、女子スーパーリーグのタイトル争いにおけるリードを維持した。

ハイヴで行われたこの試合、ソフィー・イングルのオウンゴールで先制されたが、ライテンのセンタリングが相手GKの上を通過し、同点としたチェルシーは逆境を乗り越えたかに見えた。

しかし、アン・カトリン・ベルガーがレイチェル・ウィリアムズをエリア外で倒し、一発退場となったため、約1時間10人という数的不利の状態でプレーしなければならなくなった。

その後、チェルシーはスパーズにほとんどチャンスを与えることなく攻撃を続け、ヨナ・アンデションのクロスにカーが合わせてチーム2点目となるヘディングシュートを決めた。

そして、試合終了間際、フレミングが30ヤードの距離から見事なシュートを決め、勝負を決めたのである。数的不利の中1時間闘ったことを考えると、これは今シーズン最大の勝利であり、これでWSL3連覇に向けて首位として自分たちの運命をコントロールし続けることができる。

ブルーズは最初の10分で、エリン・カスバートのパスから後ろから走りこんできたカーがシュートを放つも、ティニャ・リッカ・コルペラのファインセーブに阻まれ、先制できなかった。

モリー・バートリップのCKはベルガーの頭上を越えてバーに当たり、ボールはイングルに当たって跳ね返り、ゴールラインを越えた。

しかし、チェルシーが同点に追いつくのにそれほど時間はかからず、10分後にはいつもおなじみの選手が同点弾を決めた。2022年に入ってからのライテンのゴール前での活躍はセンセーショナルとしか言いようがなく、FAカップ準決勝のアーセナル戦での得点から1週間後、彼女はアシュリー・ネヴィルをかわしてセンタリングを上げると、そのままコルペラを越えるゴールとなった。

しかし、その直後、ベルガーがウィリアムズを止めようとゴールから飛び出し、一瞬遅れてスパーズのフォワードに接触したため、決定機を潰したとしてレッドカードをもらい一発退場となった。

ハーフタイムにはエマ・ヘイズがチームを再編成し、マグダレーナ・エリクソンとペルニル・ハルダーを投入する。

70分、ナイアム・チャールズが負傷し、アンデルソンと交代した。そのわずか30秒後、アンデルソンが最初のタッチでクロスを送ると、カーがヘディングで合わせ、ファーサイドの隅にゴールを決めた。

1人少ない状態で残りの試合は完全にコントロールしたチェルシーは、ホームチーム相手にほとんど失点の危機を感じさせなかった。

さらに、試合の最後のプレーで今シーズン最高のゴールのひとつが生まれる。ライテンに代わって10分前に投入されたフレミングは、ノーマークのまま35ヤードの距離からロングシュートを放ち、これが見事にゴール隅に決まったのだ。

この試合がどれほど重要なものであったかは、終了間際の歓喜の声が物語っているだろう。しかし、WSLトロフィー2連覇のためには、まだ3つの試練が残っている。その一つ目となる試合は、木曜日の夜にキングスメドウで行われるスパーズとのホームゲームとなる。

トッテナム:コルペラ、ネビル、バートリップ、シュナーベック、ザドルスキー、ハロップ、スマネン、サイモン(タン68)、チョー、ナズ(アディソン87)、ウィリアムズサブ:スペンサー、アレ、アヤネ、グリーン得点者:イングル(OG)15警告:ザドルスキー73、ウィリアムズ75チェルシー(3-5-2) ベルガー;ブライト(c)、ノウウェン(エリクソン46)、カーター;チャールズ(アンデション70)、カスバート、イングル、チ(ハルダー46)、ライテン(フレミング 82);イングランド(ムソビッチ37)、カーサブ:ミェルデ、ジェイムズ、スペンス得点者:ライテン26、カー71、フレミング90+5警告:ブライト45+4、カーター90+3退場:ベルガー 33主審:リサ・ベン