Chelsea Women made it five straight league wins with a 1-0 win at Aston Villa.

ジェシー・フレミングがバンクススタジアムで前半に決めたゴールが決勝点となり、ブルーズが勝ち点3を獲得した。

序盤から主導権を握っていたチェルシーは、チェルシーは、22分にヴィラのディフェンスの頭上を通ったボールをチ・ソヨンがフレミングに渡し、フレミングがワンタッチでゴール下に流し込み、1-0とした。

その後、チ・ソヨンとエリン・カスバートがゴールを狙ったが、いずれもクロスバーに当たってしまった。

後半立ち上がり、ベサニー・イングランドが至近距離からのシュートをヴィラのGKハンナ・ハンプトンに阻まれ、チ・ソヨンがボックスの端からフリーキックを放ったが、これもターゲットの数センチ先に外れた。

チェルシーは後半、敵チームのプレッシャーに耐えなければならなかったが、ヘイズ率いるチームは持ちこたえて、アウェーでの勝ち点3を獲得した。

今日の勝利で、チェルシーはアーセナルとの勝ち点差を縮め、リーグ2位を維持している。この後、チェルシーはチャンピオンズリーグのグループステージ第3節でセルベットFCCFと対戦する。

監督のヘイズは先週末にマンチェスター・シティを破ったチームから5人を変更し、ニアム・チャールズ、チ・ソヨン、ヨナ・アンダーソン、イングランド、フレミングの5人をアストン・ヴィラ戦の先発メンバーに加えた。

アニーク・ナウベンが、ミリー・ブライト、スキッパーのマグダ・エリクソンとともに3バックでGKアン=カトリン・ベルガーの前に並んだ。

シャルルとアンダーソンはウイングバックのポジションに入り、ソフィー・イングルとチ・ソヨンは中盤に入った。

イングランドは先週末のシティとの準決勝で3点目を挙げており、カスバート、フレミングとともに攻撃陣に名を連ねた。

フラン・カービー、サム・カー、グーロ・ライテン、メラニー・ロイポルツなど、強力なベンチメンバーを揃えた。

バンクススタジアムでのキックオフに先立ち、両チームはリメンブランス・デー (第一次世界大戦終結記念日)に合わせて1分間の黙祷を捧げた。

チェルシーは先週末、マンチェスター・シティとの準決勝を制してこの試合に臨み、序盤15分は自信に満ち溢れていた。

序盤はチェルシーが主導権を握り、イングルがシュートを放つが、これは惜しくもゴールには届かず、アンデションのコーナーはハンナ・ハンプトンに阻まれた。

その後、ブルーズは我慢強くビルドアップを続け、チャンスを作り出そうとしたが、22分にそのチャンスが訪れ、先制点につながった。

チ・ソヨンがヴィラのディフェンスの上を越える完璧なボールを出し、フレミングがゴールに向かうと、フレミングはワンタッチで足を出し、ボールはハンプトンをかわしてゴールに流れ込み、先制点を挙げた。

その10分後には、チ・ソヨンがヴィラの選手をかわしてシュートを放ったが、クロスバーをかすめていった。

その数分後、今度はカスバートの長距離シュートをハンプトンが触りバーに当てて、スコアは1-0のままでハーフタイムを迎えた。

後半7分、ブルーズに追加点のチャンスがあった。

ヴィラ陣地の深い位置でボールを奪い返したカスバートは、低いクロスをイングランドに送ったが、彼女のこの試合初めてシュートはハンプトンに阻まれてしまった。

続いて右サイドからチャールズがボールを戻したが、カスバートのゴール前でのシュートはヴィラのDFに阻まれた。

続いてチ・ソヨンがボックスの端でファウルを受け、フリーキックでゴールを狙ったが、ポストの上を通過していった。

残り20分を切ったところで、ヘイズは2人の選手を交代させ、カーリーとカービーを投入した。

カービーは右サイドからゴールキーパーのフレミングに繋ぎ、2点目のアシスト出来そうだったが、フレミングのシュートは相手GKハンプトンを苦しめるほどのパワーを出すことができなかった。

終盤、相手にプレッシャーをかけられる場面もあったが、最後まで守り抜き、チェルシーはアウェーでのリーグ戦2勝目を挙げた。

アーセナルは明日の夜、ウェストハムと対戦するため、チェルシーはガナーズと同勝ち点で2位につけている。

この後の予定は、火曜日にスイスのセルヴェットFCCFと対戦し、次の日曜日にはリーグ戦でマンチェスター・シティと対戦する。

アストン・ヴィラ(5-4-1) ハンプトン;メイリング、サージアント、エンダウ、アサンテ、ペチェコ;アーサー(ヘイルズ80)、エワーズ(c)(リトルジョン61)、アレン、ペッツェルバーガー;レーマン

サブ: ロジャース、ボイ=フローカ、ハットン、ヘイグ、グレゴリー、ブラウン、デイヴィソン

警告:アレン 56

チェルシー(3-4-3)ベルガー;ブライト、ノウベン(カーター46)、エリクソン(c);チャールズ、イングル、チ・ソヨン、アンデション;カスバート(カービー71)、イングランド(カー71)、フレミング(リューポルツ80)

サブ:ムソヴィッチ、テルフォード、ライテン、カー、スペンス、フォックス

得点: フレミング 22

警告:ブライト 28 アンデション 90+1

主審 アビゲイル・バーン