日曜に行われたリーグ戦では、ペルニル・ハルダーとフラン・カービーの試合終盤のゴールにより、チェルシー・ウィメンがキングスメドウでレスターに2-0で勝利した。

エマ・ヘイズ監督は、3-3で引き分けた水曜日のヴォルフスブルク戦のスタメンから8人を変更したが、チェルシーはキングスメドウでの前半45分を支配し、ニアム・チャールズが2回のゴールチャンスを得た。

ニアム・チャールズは、ドリュー・スペンスからのボールに反応したが、シュートは枠を外れ、その後のヘディングシュートもファーポストをかすめた。 ジェシー・フレミングの長距離シュートはレスターのGKカースティ・レヴェルにセーブされ、ミリー・ブライトのシュートもゴールの枠を外れた。

ハーフタイム後もブルーズは優勢に試合を進め、多くのチャンスを作った。 マグダ・エリクソンのヘディングシュートはライン上でクリアされ、フォックスのGKレヴェルは、サム・カーとペルニル・ハルダーのシュートを阻んだ。

チェルシーの猛攻が続く中、試合時間残り8分でやっと均衡が破れる。フレミングがエリア内のハルダーに低いボールを送ると、デンマーク代表がゴールを決めたのである。

その後、ロスタイムにカーからのパスを受けたカービーが2点目を決めてチェルシーが勝利し、WSL2位に浮上した。

チェルシーは、水曜日に女子チャンピオンズリーグでユヴェントスと対戦する。

チェルシー(3-4-3):ムゾビッチ;ブライト、ノウエン、エリクソン(カスバート73);チャールズ、イングル(チ・ソヨン65)、スペンス(ハルダー46)、アンデション(ライテン65);カービー、イングランド(カー46)、フレミング

サブ:バーガー、カーター、ロイポルツ、カスバート、フォックス

得点者:ハルダー 82、カービー 90+4

レスター(4-4-2):レヴェル;ブラハム、マクマナス、プランプル、パーフィールド;オブライエン(デ・グラーフ70)、ティアニー、パイク、カイン;フリント(ベイリー=ゲイル)、シグズワース(ハワード89)

サブ:ランボーン、ザジミ、ブラウン、ロビンソン、ハリス

警告:パーフィールド 31

主審:リサ・ベン

観客数:2,716人