チェルシー・ウィメンにとって今シーズン最初のホームゲーム、完売となったキングスメドウでの女子スーパーリーグはブルーズの勝利で幕を閉じた。

約4,500人のファンを前に、フラン・カービーとマレン・ミェルデのゴールでチェルシーが勝利したものの、エマ・ヘイズ監督にとっては一筋縄ではいかない内容でもあった。

前半は、復帰したばかりのアン=カトリン・ベルガーがセーブを連発し、グロ・ライテンの完璧なセンタリングを至近距離からカービー決め、前半の均衡を破った。

後半、ブルーズはより慎重な姿勢で試合の主導権を握り、エリア内でのハンドで獲得したPKをミェルデが落ち着いて決め2-0とした。

スタメン

エマ・ヘイズは、リヴァプールとの開幕戦に敗れたチームから3選手を変更し、ベルガーはがん治療から復帰を果たした。

ジェシー・フレミングとミェルデのほか、ゼシラ・ムソヴィッチ、ニアム・チャールズ、ソフィー・イングルがベンチに下がった。また、システムも変更され、4バックとなった。

キックオフからの脅威

キックオフから15秒以内に、ミル・ブライトが前方にロングボールを送り、左サイドのライテンを見つけると、ブルーズは開始早々ゴールを脅かす。このノルウェー人選手はすぐに中央のサム・カーにボールを送ったが、シティのGKエリー・ローバックを苦しめるには至らなかった。

10分後、エリン・カスバートが中盤から左サイドに展開し、素晴らしいパスワークを見せる。ライテンが相手を崩し、最終的にボールはファーポストのローレン・ジェイムズにうまく収まったが、彼女のセンタリングからジェシー・フレミングが合わすことができなかった。

プレスの成果

前半最高のチャンスは、ハイプレスが実を結んだ瞬間だった。ステフ・ホートンがキーパーに戻したパスが短くなり、カーがカットスル。ローバックはすぐにゴールから離れ、20番のスペースを塞いだ。カーはすぐにカービーにボールを送るが、シュートは弱く、ライア・アレイシャンドリにクリアされた。

フラン-タスティック

息を呑むような立ち上がりから、中盤の攻防が続き、ゴール前での攻防は限られたものになったが、30分前にミェルデが巧みに危険を察知し、クロエ・ケリーのチャンスを阻む見事なブロックを見せた。

序盤はチェルシーのプレッシングに苦しんだが、シティは徐々に快適にプレーできるようになる。

しかし、ハーフタイム前にカービーがこの状況を打破する。フレミングがステフ・ホートンを欺き、ボックス内にスペースを作り、ライテンが落ち着いてカービーのパスにパスを送ると、至近距離から先制弾を決めた。

前半終了間際にシティも反撃を見せるが、ローラ・クームスのシュートはベルガーはがニアで防ぎ、この試合一番のセーブを見せた。

後半をコントロール

前半リードで折り返したものの、チェルシーがシティに与えるチャンスの多さはヘイズの懸念材料であり、このパターンは後半開始後も続いた。

ケリーが左サイドから放ったCKは、ニアサイドのポストに当たって、こぼれ球にアレイシャンドリが反応したが、このシュートはわずかに枠の上に外れた。

その後、ベルガーが再び素早い反射神経でクームスのシュートを防ぎ、それからブルーズは自陣でボールをキープするようになり、試合のテンポを落とすことができた。

試合は残り15分に入り、チェルシーは勝ち点3獲得のための2点目を狙う。21歳になったばかりのジェイムズはまず右サイドのインサイドでボールを拾い、左足に持ち替えファーポストにシュートを放ったが、これは惜しくも枠を外れてしまう。

その後のカービーのシュートはバーの上を超え、さらに長距離のドリブルからジェイムズが狙いを定めてシュートを放ったが、ローバックを破るには十分な精度を備えていなかった。

あと残り12分で勝利という場面で、アビゲイル・バーン主審がハンドによりチェルシーにペナルティーを与える。

ペナルティスポットに立ったミェルデは、怪我に苦しんだ1年を乗り越え、1年半ぶりのゴールをゴール上隅に鮮やかに決めた。

これにより、チェルシーは今シーズン初のクリーンシートを達成し、初の勝ち点3を獲得した。

今後の予定

9月28日(水)には、キングスメドウにてウェストハムとのロンドン・ダービーに臨む。

チェルシー(4-2-3-1) ベルガー;ミェルデ(ペリッセ86)、ブライト、ブキャナン、エリクソン(c);カスバート、フレミング(イングル 65);ジェイムズ(カネリード 90+1)、カービー、ライテン(チャールズ 86);カー
サブ
:ムソビッチ、カーター、イングランド、スヴィトコヴァ、チャンコヴィッチ
得点者
:カービー 42、ミェルデ78

マンチェスター・シティ(4-3-3) ローバック;カスパライ、ホートン(c)、グリーンウッド、ウアハビ;アレシャンドリ(ロサダ 85)、カステラノス、クームス、ケリー、ショー(ブラクスタ 85)、ヘンプ(ラソ 79)
サブ
:マカイバー、キーティング、ストークス、ファウラー、アンゲルダール、ハッチングス
警告
:ウアハビ52

主審:アビゲイル・バーン
観客数
:4,403