チェルシー女子は、今シーズンの女子スーパーリーグ初戦で手痛い敗北を喫した。この試合は、3つのPKが与えられ、ブルーズのゴールが取り消されれた。

チェルシーは最初の1分間でPKを獲得し、フラン・カービーがそのPKを冷静に沈めた。エリン・カスバートがゴールに迫り、サム・カーが見事なゴールを決めたが、リプレイでは最後のディフェンダーと同じ高さにいたにもかかわらず、オフサイドと判定された。 

 しかし、ポゼッションは圧倒的に多かったものの、試合が進むにつれてチャンスに恵まれなくなり、後半は厳しい状況に追い込まれた。まずリヴァプールが、ボックス内でミリー・ブライトの腕に当たったボールがPKとなり、ケイティ・ステンゲルに決められ、ホームチームが試合を振り出しに戻した。 

87分、この2つのPKが唯一の枠内へのシュートであったにもかかわらず、レッズはこの2点を守りきり、勝利を収めたのである。 

飛び出しスタート 

チェルシーは試合開始早々、リヴァプールを後方に追いやり、ハイプレスでボールを奪い返すと、そのプレッシャーがものを言うまで、まったく時間がかからなかった。 

 最初の1分、グロ・レイテンがボックス内でボールを持ち、フラハティを倒したが、レフェリーは迷わずPKを宣告した。 

 カービーはその場でステップアップすると、ノーミスで、GKに先に瞬きをさせ、シュートを後方へ転がしてチェルシーにリードを与え、リヴァプールとのWSL9試合で8ゴールとしたのである。

エマ・コイヴィストが、リヴァプールの左サイドからのクロスをゼチラ・ムソヴィッチが集めきれずに、なぜか数ヤード先のクロスバーを越えるシュートを放ち、チェルシーが自己満足に陥らないように警告する場面もあった。

フラッグに否定されたカー 

20分過ぎに、カーがチェルシーの2点リードをにしたかに見えたが、カービーがリヴァプールの高いディフェンスラインの上に体重の乗ったボールを送ると、カーはそれを受けて、バウンドしながらキーパーを越え、バーの下を通る素晴らしいゴールを決めた。 

しかし、ファーサイドで審判の旗が上がり、きついオフサイドの判定でゴールは認められず、カーの不満が募った。その後、カトベールがハーフボレーでゴール前に迫り、優勢を保とうとした。 

 チェルシーが長い間支配していた後、リヴァプールがようやく自陣から抜け出したとき、リーン・キアナンがディフェンスの背後でフリーになり、ブルーズは旗を掲げたことに感謝した。リーン・キアナンがディフェンスの裏に抜け出し、ムソヴィッチをかわそうとしたが、ポストに当たった。 

 チェルシーは前半を力強く終えた。しかし、その前に2点目を見つけようとしたとき、バックポストでカーがヘディングシュートを放ったが、彼女はそれを十分に受けることができず、大きく跳ね返ってしまった。 

後半開始後の反動 

後半、リヴァプールがPKを獲得し、同点に追いつく。ロングスローを受けたブライトが至近距離でボールを弾いたが、腕に当たり、主審がスポットを指したのだ。このPKをケイティ・ステンゲルが決め、リヴァプールの最初のシュートで同点に追いついた。 

残り20分となったところで、チェルシーが再びボールを支配し、リードを奪還するための方法を探した。 

痛快なフィニッシュ 

チェルシーは、我々のパフォーマンスにふさわしい勝利のゴールを見つけようとしたが、そうはならなかった。カービーは2度にわたって、カーにアシスト仕掛けようとし、勝利への明確なチャンスを得る寸前までいったが、最後の最後で災難に見舞われた。

 リヴァプールのロングクリアに反応したステンゲルは、左サイドでマグダレーナ・エリクソンとカディーシャ・ブキャナンをかわし、ボックス内に侵入した。ブキャナンはシュートチャンスを逃すまいと滑り込み、ボールを奪ったが、主審は先に選手を捕らえたと判断し、この試合3度目のPKを与えた。

 再び、ステンゲルがPKスポットから自信を持ってゴールを決め、試合のほとんどで見込みがないと思われていたリヴァプールのリードを奪った。残り3分となったアディショナルタイム、チェルシーはリヴァプールを自陣のペナルティエリア周辺に追い詰め、何度もクロスを送り込むが、同点に追いつくことはできなかった。 

次の予定は?

チェルシーは来週末に再びWSLに参戦するが、9月26日(月)午前0時キックオフ(日本時間)のキングスメドウでマンチェスター・シティを迎えるため、簡単な試合にはならないでしょう。

チェルシー (3-4-1-2): ムソヴィッチ;ブライト (ペリッセ 70)、 ブキャナン、 エリクソン (c); ジェイムズ (イングランド 85)、カスバート、イングル (チャンコヴィッチ 80)、 チャールズ;カービー; カー、 レイテン (リッティング・カネリード 70)
サブ:バルダー、 カーター、スヴィトコヴァ、ミェルデ
得点: カービー 3(PK)

リヴァプール (3-4-3): ローズ;フラハティ、フェイヒー、マシューズ;、カーンズ(ロバーツ 72)、 カーンズ(ファーネス 72)、ホランド 、ハインズ ;ローリー (ダニエルズ 72)、ステンゲル (ハンフリー 90+5)、 キアナン (キャンベル 57)
サブ: ローブ、カミングス、 カービー 、シルコック
得点: ステンゲル 67(PK)87(PK)
警告: ホランド 18、キャンベル 90+3

主審:エミリー・ヒースリップ

観客数3,006人