ハキム・ツィエクは、トッテナムとのカラバオカップ準決勝第1戦は2点以上の差をつけて勝利できたと感じつつも、この夜の自身のプレーに満足してブリッジを後にした。

前半は中盤の右サイドに、後半は前線3人に配置され、ツィエクが中心となってプレーした。彼のフリーキックはトッテナムのバックラインをパニックに陥れ、最終的にゴールネットを揺らして2-0とし、その後、絶妙なボレーパスでティモ・ヴェルナーを放出したが、彼のループシュートはウーゴ・ロリスに阻まれた。

試合終了後、ツィエクはこの試合について次のように語った。

「チームのパフォーマンスは良かったし、ホーム&アウェーの第1戦としては良い結果だった。」

「チェルシーは相手にプレッシャーをかけ、考える時間を与えなかった。特に前半は良かったね。というのも、プレスをかければ相手はもっとミスをするはずで、実際そうなって序盤から先制点を奪うことができた。」

「ハーフタイム10分前に2点目が入り、ドレッシングルームの雰囲気は良かった。後半はもっと大きなチャンスもあって勝負を終わらせることができたはずだったけど、2-0なら満足できる。」

「ダービーであり、準決勝だったから、シャープで集中しなければならなかったし、実際にそれができていた。いい仕事はできたけど、まだ来週も試合があるから、そこで決着をつけたい。」

ツィエクは、アントニオ・コンテのチームに対して、自分たちの布陣がいかに有利であったかを説明した。

「いつもとは少し違っていたよ。いつもはディフェンスが5人なんだけど、今回4人になったことで前線にチャンスが増えたんだ。」

「相手は中盤の選手についていくのか、それとも一歩出ていくのか、わからなくなった。それが最大の勝因だった。」

「難しい試合もあったし、怪我人やコロナ感染者もいたけど、チームとしてうまく対処してきたと思う。」

「正しい軌道に乗れたし、このまま集中を保ちたいね。」