水曜日の夜、スタンフォードブリッジでゴールを決め、チェルシーを準々決勝へと導いたハキム・ツィエクは、シーズンが重要な局面を迎えている中で、ポジティブでいられる理由のひとつとして、昨夏の新加入選手間で理解が深まっていることを強調した。

金曜日に28歳になるツィエクは、アトレティコ・マドリードとの差を広げる見事なゴールを決め、さらにエメルソンのゴールも加わり、2レグで3-0の勝利を収めた。

スタンフォードブリッジでのチェルシー初ゴールにつながったパスを出したのは、カイ・ハフェルツとティモ・ヴェルナーで、ツィエクと同様に今シーズンから新たに加わった選手だった。

「重要なゴールで、ずいぶん長い間待たされた。」と試合後に振り返った。

「中盤でよくボールを奪い、スペースを使っていたので、いいパスが来たし、いいフィニッシュができた。1-0で先制した時、特に自分で決めたときは、気分が良い。ティモへのパスも良かったし、カイからのパスも良かった。」

「良いカウンターアタックだった、スペースがあることがわかっていたし、落ち着いていたし、良いタイミングで来た。」

その後、セーブされたもののヴェルナーの決定機を演出したツィエクが、そのシーンを振り返る

「カイと自分は、ティモのスタイルを知っていて、本当にスピードがあることを知っているので、スペースで彼を使おうとしていて、このゲームではそれがうまくできた。」

「試合では難しい場面もあったが、ほとんどの時間はコントロールできていた。最初の10分で試合の流れを見て、10分後にはコントロールして自分たちのゲームをして、それがうまくいったという感じだった。」

「大きな勝利であり、重要な勝利であり、今はチェルシーを応援する世界中の誰もが幸せだと思う。」

そして、チャンピオンズリーグの抽選会は今週の金曜日に行われる。

「私たちは良い方向に進んでいるので、このまま改善を続け、プレーをしていく必要がある。そうすれば、きっと良いシーズンになると思う」と語った。

「チャンピオンズリーグでは、何が起こるかわからない。最も重要なことは、私たちがすべてのラウンド、すべての試合でベストを尽くすということ。最終的にはどうなるかわからないが、まだ勝ち進んでいるのであれば、前に進むしかないし、それが私たちの仕事だ。」