ハキム・ツィエクはチェルシーの独占インタビューに応じ、今シーズン、負傷により満足にプレーができない時期があったが、それを乗り越え、最近の素晴らしいフォームを継続できることを願っていると語った。

2021/22シーズンは、UEFAスーパーカップでの得点後に肩を故障し、開幕からずっと不運に見舞われてきた。

これまでチェルシーでのキャリアの中で間違いなく最高のパフォーマンスをしてきたにもかかわらず、ツィエクには怪我の不安がつきまとい続けている。

「クレイジーだよ」と話すツィエク。「うまくいっているときに怪我をしたり、何か悪いことが起きたりすると、いつも何度も何度もやり直さなければならないんだ。」

「怪我はいつも悪い時にやってくる。次の試合はすぐにやって来るし、トレーニングに取り組む時間も少ない。プレーしていなければ、他の選手より少しハードなトレーニングができるけど、怪我から完全に復調できるとは必ずしも言えない。」

チャンピオンズリーグのリール戦との第1戦で負傷しピッチを去ったときほどツィエクにとってフラストレーションが溜まったことはなかっただろうが、その次の試合、FAカップのミドルズブラ戦では誕生日にゴールを決め、チームに復帰し、正しい軌道に戻りつつあると彼は感じている。

「体調はいいよ。毎週良くなっている。もちろん怪我から復帰したばかりだけど、うまくいっているし、すべて順調だ。今はいい状態だと思う。もちろん怪我から復帰したばかりだけどね。」

トーマス・トゥヘルが導入した新システムに適応し、チームの一員として定着するよう懸命に励んできたツィエクにとって、これらの負傷はさらにフラストレーションの溜まるものだっただろう。彼自身、他のチームメイトよりも適応が難しいと感じていることを認めている。

「サイドのワイドな位置でプレーするのがベストポジションだということはみんな知っている。だから、4バックでプレーするときはほとんどの場合、右サイドでプレーするし、5バックでプレーするときは違うシステムになる。でも、トゥヘル監督が来てからとてもよく適応できたと思う。」

「他の選手よりも少し問題があったと思う。5バックでプレーしたことがなかったからね。」

独占インタビューの続きでは、華麗なゴールを決めるコツや、彼にとって本能がいかに重要であるか、そして今シーズンさらにトロフィーを獲得するチャンスについて語っている。インタビュー全容とミドルズブラ戦のゴールは、上のビデオからご覧ください。