トッテナム戦での見事なゴールの際、ブライトン戦での得点後とは異なるセレブレーションを披露したハキム・ツィエクは、スパーズを倒すためにチェルシーがいかにパフォーマンスを改善したかを説明した。

ツィエクは、後半開始直後に右サイドのエリア外から左足で弧を描くシュートをGKウーゴ・ヨリスが全く反応できないゴール上隅に決めてスタンフォードブリッジを沸かせた。

当然ながら、スパーズ相手に2-0で勝利を掴んだ試合を振り返ったとき、この一撃が彼の脳裏をよぎり、いかに特別なゴールであったかを問われたとき、彼がその得点に満足していたのは明らかだった。

「10点満点のゴールだったよ」と笑顔で答えるハキム。「でも、入るか入らないかが問題なんだ。打った瞬間に入るとは思わなかった。」

「ボールの軌道を追いかけていて、少し長いかなとも思ったけど、最終的に入ったんだ。ピッチの上でも外でも、みんな喜んでいたし、得点後の流れは本当にいい感じだったよ。」

スタンドからはチェルシーの選手たちが楽しんでいるように見えたが、ピッチ上のツィエクも同意見で、彼らは余裕をもってロンドンのライバル相手に今季4勝目を飾る素晴らしいパフォーマンスを披露した。

2週間後にFAカップでプリマスと対戦するチェルシー。次の試合まで休暇があるため、これまでの過密スケジュールの最後の試合を幸福感と自信を持って終われるよう、勝利することが重要だとも感じていた。

「楽しめたよ。多くのチャンスを作り、良いサッカーをし、全員が力を出し切ったから、全体的に良い試合だったと思う。」

「ハーフタイムの監督のメッセージは、とにかく自分たちがやっていることを続けようというもので、後半はそれができたと思う。2-0になってからは、相手にプレッシャーをかけられて押された時間帯もあったけど、それでも最後までピンチには陥らなかったし、勝利を手にすることができた。」

「常にいい試合をしたいし、特にこれから何日か休みがあるからね。今は、良いムードで2、3日のオフを楽しむことができる。オフ直前に勝つことは常に良いことだし、来週からまた集中していきたい。」

スパーズ戦だけでなく、週半ばのブライトン戦でも先制ゴールを決めたツィエク。アメックス・スタジアムでの先制点のシーンでは、スタンフォードブリッジでのプレミアリーグ初ゴール後に見せた満面の笑みとは対照的に、祝福の声はほとんどなかったが、その理由を彼は、パフォーマンス全体と試合の流れがまったく異なっていたからだと説明した。

「2つの得点は全く異なる状況だった。ブライトン戦では、先制点を取って1-0になったけど、いいプレーができていなかったから、少しフラストレーションがあった。でも、トッテナム戦では、最初からいいプレーができたと思う。」

「自分たちの望む場所に相手を追いやることができた。時々相手のカウンターもあったけど、全然危険じゃなかった。いい試合をしたと思うし、チャンスもたくさんあったし、いいサッカーもたくさんしていた。だから、(ブライトン戦とは)状況が違っていたんだ。」

それを踏まえた上で、2月5日に試合が再開されるとき、ツィエクが満面の笑みでゴールを祝う姿をもっとたくさん見られることを期待しよう。