ブルーズのサポーターによる投票で、2月の月間ベストゴールはクリスタルパレス戦で決勝点となったハキム・ツィエクのゴールが選ばれた。ツィエクは、2か月連続の受賞となった。

ツィエクは1月のトッテナム戦でのゴールですでにその栄誉を手にしており、今回、オンライン投票で2月の月間最優秀ゴールとしてクリスタルパレスでの落ち着いたボレーシュートが選ばれ、見事二冠を達成した。

マルコス・アロンソの深いクロスをファーサイドで辛抱強く待った彼は、ボレーシュートを放ち、冷静な判断と完璧なテクニックでゴール裏のネットを揺らした。

この試合で、ツィエクはすでにVARによってゴールを取り消されていたが、この極めて冷静に決めたボレーシュートによりアウェーでの土壇場の勝利を掴んだ。2月の月間最優秀ゴールは、上のビデオであらゆる角度から見ることができる。

しかし、チェルシー公式サイトと5th Standアプリのオンライン投票に参加した数千人ものブルース・サポーターにとっては、かなり僅差の勝負だったようだ。

ツィエクは32パーセントの得票率でその栄誉を手にし、10代のフォワード、ハーヴィー・ヴェイルがFAユースカップ準々決勝のブラックプール戦で放ったピンポイントシュートを上回ったのだ。

3位には、セサル・アスピリクエタがプリマス・アーガイル戦で決めたバックヒール弾が入り、カイ・ハフェルツとクリスチャン・プリシッチがリール戦で決めたチャンピオンズリーグのゴールもランクインした。