クルト・ゾマは、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに敗れた悔しさを受け入れ、ポルト戦に向けて立ち直るため、素早く行動する必要があると語っている。

トーマス・トゥヘル監督就任以来、14試合無敗を続けてきたが、昨日のスタンフォードブリッジでは、前半30分で10人になった後、ウェスト・ブロムに2−5で敗れ、突然、驚きの結末を迎えた。

ズマは、どこが悪かったのかを正確に特定するのは難しく、ここまでのプレミアリーグ10試合の合計で、わずか2失点しかしていなかったのに、このような結果になってしまったのは残念だと語った。

「何が起こったのかわからない」と彼は語った。「代表戦の後、チームは集中力を失ったのかもしれない。でも、あのような試合では、常に100%の状態でなければならない。なぜ100%のプレーができなかったのか、それはわからない。」

「上手くいかない日もある。みんなとてもがっかりしていて、私が言えることはあまりない。我々の集中力が足りなかったのかもしれないし、ウェストブロムが自分達よりも勝ちを欲しがっていたのかもしれないが、そんなことはあり得ないと思っている。でも、何もかも上手くいかない時もある。」

「すべてのことから学ばなければならない。サッカーでは、ピッチ上で常に全力を尽くさなければいけない。戦術的にも、ボールを持ったときのミスからも、ボールを持っていないときのミスからも学ぶことがある。冷静に分析して、そこから先に進むしかない。」

しかし、ブルーズが修正する時間はほとんどない、それが吉と出るか凶と出るか。水曜日の夜には、チャンピオンズリーグ準々決勝の1stレグであるセビーリャでのポルト戦が控えている。

そんな中、ズマはウェストブロム戦でのパフォーマンスを言い訳にせず、その結果から早く立ち直ることが重要だと考えている。

「結果がすべてを物語っている」と付け加えた。「誰もが非常に残念に思っているが、これはひとつの試合に過ぎない。インターナショナル・ブレーク前にやっていたことに戻る必要があるし、できるだけ早くあの状態に戻れることを願っている。」

「言い訳をしている時間はない。試合に勝てないだけではなく、ひどい負け方をした。飲み込むには時間がかかる負け方だった。しかし、週中ばには次の試合がある、そのための準備をしなければならない。」

「私たちは、立ち直らなければならない。気持ちを強く持って対応しなければならないし、それが私たちのやるべきことだ。」と語った。