デュジョン スターリング

イングランド U19
  • 生年月日

    1999年10月24日
  • 出身地

    イングランド
  • ポジション

    ディフェンダー

北ロンドン出身。守備的なポジションを得意としながら、攻撃的センスも光る。他にも右サイドバック、センターバック、セントラルMF、さらにはストライカーの経験もある。 

 

育成チーム

U16世代ながら、FAユース杯、UEFAユースリーグ優勝を経験。2016年のユース杯では決勝を含み、計3ゴールを記録した。翌シーズンも決勝でゴールを記録。シーズンのほとんどを育成チームで過ごし、ウィングバック、ウィンガー、セントラルミッドフィルダーにサイドバックと、ユーティリティな活躍を披露した。 

イングランド代表ではU19の一員として欧州選手権優勝も経験。スタンフォードブリッジで行われたリーグ杯、ノッティンガム戦ではファーストチームデビューを果たしている。2017年11月にクラブと2021/22シーズンまでの契約を結んだ。

2017/18シーズンには再びFAユース杯優勝を経験。その後の2018年6月にはリーグ1のコヴェントリー・シティへローン移籍。元チェルシーのスタッフ、アディ・ヴィヴェアシュと再会している。

 

ローンでの成長

2018年6月に、デュジョンが翌シーズンをEFLリーグ1のコヴェントリー・シティにローン移籍することが発表され、マーク・ロビンズ監督のアシスタントを務めた元チェルシー監督の一人、アディ・ヴィヴェアシュとの再会が実現した。彼はスカイブルースで40試合に出場し、新たに昇格したチームをリーグ8位という好成績に導いた。

スターリングは2019/20シーズンにウィガン・アスレチックに加入し、翌シーズンにはチャンピオンシップへの昇格に貢献するほどのパフォーマンスを披露した。

しかし、シーズン半ばにハムストリングを痛めたことで、ラティックスでの出場は10試合にとどまった。

代表戦キャリア

スターリングは、イングランド代表としてU20までの各世代代表で活躍してきた。2017年にはライオンズの一員としてU19欧州選手権を制し、クラブの同僚であるジェイ・ダシルヴァやメイソン・マウントと並んで決勝で先発出場した。

現在のチェルシーとの契約は2017年11月に交わされたもので、2021/22シーズン終了までとなっている。