9

アルヴァロ モラタ

バイオグラフィ

チェルシーフットボールクラブは2017年7月21日、レアル・マドリッドからアルヴァロ・モラタを獲得した。スピードと巧みな技術が持ち味のストライカー。オフザボールの動きでも献身的な姿勢を見せ、深い位置からの走り込みでゴールを狙う動きも得意とする。ミドルシュートも、ゴール前での詰める動きも、1対1でも強さを見せるなど、両利きの万能型ストライカーだ。 

18歳の誕生日を迎えて間もなく、レアル・マドリッドデビューを飾ったモラタ。2012/13シーズンはコンスタントにピッチに立ち、エル・クラシコではカリム・ベンゼマのゴールをアシストして勝利に貢献。またファーストゴールはレヴァンテ戦の決勝弾となった。 

翌シーズンはさらに出場機会が増え、リーグ戦8ゴールを記録。70分毎に1ゴールというかたちで元ブルーズの指揮官カルロ・アンチェロッティの期待に応えてみせた。さらにチャンピオンズリーグのピッチにも立ち、4-1でアトレティコ・マドリッドを下した決勝でもネットを揺らしている。 

2014年夏にアントニオ・コンテ率いるユヴェントスへ加入。定位置を掴むと国内では圧倒的な強さを誇ったチームに貢献。コンテはイタリア代表監督に就任した一方で、モラタは契約更新を果たしている。

その夏にユヴェントスに移籍すると、すぐさまセリエAに順応して2015年、2016年の優勝に貢献した。またトリノで開催されたチャンピオンズリーグ決勝に駒を進めるも、バルセロナの前に涙を呑んでいる 。

2016年夏にレアル・マドリッドが買い戻しオプションを行使し、モラタの復帰が発表された。シーズントータル20ゴールを記録し、ラ・リーガのタイトルを獲得すると、チャンピオンズリーグ決勝では後半から途中出場を果たし、優勝を手にしている。

2017年8月、アーセナルとの対戦となったコミュニティシールドでは途中出場しチェルシーデビュー。翌週のバーンリー戦では初ゴールを記録した。エヴァートン戦、レスター戦でもゴールを決め、デビューしてから3得点とも全てヘディングでのゴールであった。2017年9月のストーク戦ではハットトリックを達成。今度は全て足でネットを揺らしている。

チャンピオンズリーグ、アトレティコとの一戦ではヘディングシュートを決め、チェルシーはアウェイのアトレティコ戦で初めて勝利したイングランドのクラブとなった。

photo of マイルストーン マイルストーン

マンチェスター・ユナイテッド戦では、相手GKダヴィド・デ・ヘアが一歩も動けない見事なヘディングシュートでネットを揺らした。このゴールが決勝点となり、チームはローマ戦から見事な巻き返しを見せた。

今シーズンはセサル・アスピリクエタのクロスから多く点を取っているモラタ。2017年のボクシングデイには、このコンビでリーグ戦10点目を奪った。2018年の序盤は怪我と出場停止が重なっている。

代表歴

2011年のU-19欧州選手権、2013年のU-21欧州選手権では大会得点王に輝いている。モラタは2014年11月のベラルーシ戦でフル代表デビューを飾っている。

ユーロ2016予選のウクライナ戦で代表初ゴールを決めると、本大会ではトルコで2得点、クロアチア戦で1点の計3ゴールを挙げた。

チェルシー加入後は、イタリアとのW杯予選でもゴールを決めている。