7

エンゴロ カンテ

BIOGRAPHY

2016/17シーズン、チェルシーと5年契約を結んだエンゴロ・カンテ。

フランスリーグからやって来たミシー・バチュアイに続き、カンテはレスターシティにて優勝の立役者として加入した。25歳のカンテは代表でもプレー。フランス代表の一員としてユーロ2016決勝にも進出するも、延長戦の末ポルトガルに敗れている。

その後カンテはプレミアリーグ王者としてチェルシーへ移籍、また代表では8キャップを記録している。

2016/17シーズン開幕戦ではスタメン起用に応え、ウェストハム相手の勝利に貢献。2016年10月のマンチェスター・ユナイテッド戦ではチーム4点目で初ゴールを記録した。

2017年1月、アンフィールドでのリヴァプール戦ではタックル16回中14回成功という驚異的な記録を叩き出した。この数字に続くのはわずか3回だというのだから驚きだ。

Kante in action, controlling a high ball at Anfield

さらに3月のFA杯準々決勝ではまたもマンチェスター・ユナイテッド相手のゴール、チームの勝利に貢献。その翌月にはPFA年間最優秀選手賞(下写真)を受賞。多くの関係者からは納得の声が上がる、堂々の受賞となった。その直後には2017年のフットボール記者協会選出の最優秀選手賞にも輝き、この2つの賞を同シーズンに手にした歴代18人目の選手となった。

さらにチェルシーではプレミアリーグ38試合中35試合にスタメン出場で優勝に貢献。異なる2つのクラブで2年連続となるプレミアリーグ優勝は、史上初の快挙だ。

2017/18シーズン序盤には古巣レスターを相手に決勝ゴールを記録。代表チームでのケガによる離脱中はチームにおけるカンテの重要性が強調された。

カンテが復帰した試合ではホームでマンチェスター・ユナイテッド相手に勝利を手にしている。

エンゴロ・カンテは2017年12月のサウサンプトン戦でチェルシー50試合出場を達成

photo of マイルストーン マイルストーン

チェルシー加入前

カンテにとって、4つ目のプロクラブとなるチェルシー。パリジャンのカンテは、地元のアマチュアクラブシュレンヌで19歳までプレー。その後、ブローニュへ移っている。

2012/13シーズンの活躍が認められると、カーンへ移籍。全試合出場でリーグアン昇格を支えた。

カーンで2年を過ごした後、レスターへ加入。

カンテはクラウディオ・ラニエリがレスターの監督となって最初に獲得した選手だ。

その後、ボール保持時のクオリティやボール奪取能力の高さで世界に衝撃を与えたカンテ。チームを前に押し上げるパワーを見せつけ、その年最高の移籍と言われた。

レスターでは1試合を除いて全試合に出場。プレミアリーグでは最多タックル数とインターセプト数の記録も。そのシーズンにはPFA年間最優秀選手賞を受賞している。


代表歴

代表初招集は2016年3月。EURO2016では初戦となるルーマニア戦でスタメン出場を果たした。パスやタックル、インターセプトで強さを見せ、終盤にはディミトリ・パイェの決勝点をアシストした。

Kante playing in Euro 2016 against Romania.

準々決勝のアイスランド戦は累積警告のため出場停止となったカンテは準決勝と決勝をベンチで迎えた。準決勝のドイツ戦では途中出場したが、決勝のポルトガル戦では起用されなかった。

チェルシーに加入後はフランスの2018年W杯出場権獲得に貢献している。