11

ペドロ

バイオグラフィ

才能豊かなウィンガー。中央でのプレーも得意。ペドロはクラブ、代表ともに十分すぎるキャリアでチェルシーにやってきた。

チェルシーデビューは2015年8月、ウェストブロム戦。ゴールも決めて3-2の勝利に貢献した。ホームでのプレミアリーグ初ゴールは2015年の12月、サンダランド戦。ジョゼ・モウリーニョが退任してすぐの試合でのことだった。

シーズン後半になると負傷離脱もありながら活躍を続け、ニューカッスル、アストンヴィラを相手に2ゴールも記録、さらにボーンマス相手にも見事な先制ゴールを決める。デビューシーズンは40試合に出場、クラブ3位のゴール数を記録した。 

2016年10月には4-0で勝利したマンチェスター・ユナイテッド戦にて、開始30秒のゴールを記録。チェルシー50試合出場を自ら祝うと、ここからゴールを量産。その中には、2016年11月のプレミアリーグ月間ベストゴールに選ばれたスパーズ戦での同点弾も含まれる。

前年度の年間最優秀選手ウィリアンをベンチに退かせる活躍ぶりで、FA杯では両サイドのウィングバックも兼任。年末年始の6試合で5ゴールを記録した。

3-0で勝利したエヴァトーン戦のゴールでは月間ベストゴールも受賞。この結果、ブルーズはタイトルに大きく近づくこととなった。また最終節でも途中出場でゴールを記録。リーグ戦9ゴールで、イングランド初タイトルを獲得した。 

2017年のプレシーズン序盤、北京でのアーセナル戦で衝突から顔を骨折。チームを離れている。

2017年11月のアンフィールドで1-1で引き分けたリヴァプール戦、ペドロにとってチェルシーでの記念すべき100出場目となった

photo of マイルストーン マイルストーン

チェルシー加入前

28歳でチェルシーに加入したペドロは、バルセロナの黄金期を支えた一員。さらに代表レベルでも2010年、2012年とW杯、ユーロを制している。

テネリフェ生まれの小柄なペドロ。フルネームはペドロ・エリエセル・ロドリゲス・レデスマ。2004年にバルサのアカデミーに加入、Bチームで注目を集めると、2008年1月にファーストチームデビューを飾った。 

2008/09シーズン序盤には欧州デビュー。チャンピオンズリーググループステージのスポルティング・リスボン戦でアンリとの交代でピッチに立っている。さらにローマでのチャンピオンズリーグ決勝では終盤に交代出場。マンチェスター・ユナイテッドを下している。 

翌シーズンからレギュラーに定着。リーガ、コパデルレイ、チャンピオンズリーグ、国内外スーパーカップ、クラブワールドカップでゴールを決めた史上初の選手となる。リーグ戦では10ゴールを記録、そのうちの1つはレアル・マドリッド相手に決め優勝を手にしたゴールだった。 

俊足が持ち味のペドロ。大一番でもしっかり結果を残し、2010/11シーズンにはわずか2ヶ月で11ゴールを決めた。 

チャンピオンズリーグ準決勝のレアル・マドリッド戦でもネットを揺らすと、マンチェスター・ユナイテッドを3-1で下した決勝でも先制ゴールを決めている。 

2012年のチャンピオンズリーグ準決勝第1戦、スタンフォードブリッジでの試合にもペドロは出場。終盤にゴールを狙うもポストに嫌われている。第2戦では出場機会なく、チームは2-2で大会敗退を喫している。 

それでも大一番に強いところを見せ続けるペドロ。コパデルレイ決勝では2ゴールで、アスレティック・ビルバオ相手の3-0の勝利に貢献した。 

バルセロナでの初めてのハットトリックは2013年9月のラージョ戦。チームを4-0の勝利に導いた。続くハットトリックはわずか9分間で達成。同年12月、ヘタフェを5-2で下した試合でのことだった。同シーズン、ペドロはクラブ250試合出場達成し、リーグ戦では50ゴールを記録した。 

昨シーズンは11ゴールでバルセロナのリーグ、コパデルレイ、チャンピオンズリーグの3冠達成に貢献。 

バルセロナでの最後の試合でもしっかり仕事をしたペドロ。UEFAスーパーカップでセヴィージャを5-4で下す決勝ゴールを決めている。 

バルセロナでは5つのリーグタイトル、3つのチャンピオンズリーグに3つの国内カップを手にした。 

 

代表キャリア

クラブでの活躍が認められると、2010年のW杯南アフリカ大会に臨むスペイン代表にも招集。大会を控えた調整試合、サウジアラビア代表戦でデビューするを飾っている。

代表初ゴールはそのすぐあと、ポーランド代表相手に決めている。一方で本大会では途中交代での起用が目立ったペドロ。その活躍が認められ準決勝、決勝ではスタメン出場を果たしている。 

ペドロはユーロ連覇を果たした2012年の代表メンバー。決勝は後半から出場し、イタリアを4-0で下している。

2012年10月にはスペイン代表で初めてのハットトリックを達成。W杯予選のベラルーシ代表戦でのことだった。さらにフランス代表とのアウェイゲームでもゴールを決めると、これがグループ首位通過の決め手となった。 

その2年後、チェルシーでのデビューシーズンを経てユーロ2016にも参戦。ベスト16のイタリア代表戦でも途中出場するが、敗退している。