8

ロス バークリー

バイオグラフィ

ロス・バークリーは2018年1月にチェルシーに加入。5年半の契約で8番を背負う。

まだ若手ながら、エヴァートンではプレミアリーグ150試合出場、イングランド代表としてもW杯・ユーロのメンバー入りと経験も豊富だ。

ストライカーの背後だけでなく、中盤底やワイドと様々なポジションをこなし、相手の脅威となる。

リヴァプールのウェイヴァーツリー出身。エヴァートンには11歳で加入し、すぐに注目を集める。

2011/12シーズン開幕戦ではグディソンパークでのQPR戦でデビュー。勝利こそ掴めなかったものの、その存在感をアピールした。キャリア序盤にはローンにてシェフィールド・ウェンズデイ、及びリーズ・ユナイテッドでも経験を積んでいる。

エヴァートンでの初ゴールは2013/14シーズンの開幕戦であった。ミッドフィールドでのキーパーソン的役割を任され、彼の一貫性とプレーの質はその夏ブラジルで開催されたW杯英国代表の座をも射止めるほどであり、コスタリカとの最終戦では大きな注目を浴びた。

2015/16シーズンは、バークリーにとって飛躍の年に。アストンヴィラとニューカッスを相手にはそれぞれ2ゴールで計14ゴールを記録。ユーロ2016予選のサンマリノ戦では、イングランド代表初ゴールも記録し6-0の勝利に貢献した。その活躍ぶりで、本戦のメンバー入りも果たしている。

英国での初ゴールはユーロ2016予選での対サンマリノ戦、試合は勝利を飾る。

photo of マイルストーン マイルストーン

昨シーズンはエヴァートンのレギュラーに定着し、自身の6ゴールだけでなく、チャンス演出数でイングランド人選手最多の数字を記録した。

チェルシー加入後は、チェルシーではカラバオ杯準決勝、アウェイのアーセナル戦でデビュー。この時は負傷退場したウィリアンとの交代だったが、1月末のホームでのボーンマス戦ではプレミアリーグでスタメンデビューを飾っている。