9

タミー エイブラハム

バイオグラフィ

タミー・エイブラハムはチェルシーU-8に入団し、アカデミーの各世代のチームを経て、2019/20年にはブルーズのトップスコアラーとしてトップチームで躍進した数人の若手選手の一人となった。

長身ながらも巧みなストライカーで、守備の裏に入る動き、ラインをリードする空中の強さ、そして周りの選手をプレーに絡ませる能力を備えたフォワードである。

アカデミー時代

これまで左右のサイドハーフを経験し、現在はセンターフォワードとしてプレーしている。2013/14シーズンはU16チームとU18チームの試合に出場したエイブラハムは17試合で5ゴールをマークした。

そしてユースチームに昇格した2014/15シーズン、26試合に出場し32得点をマークし、ストライカーとして絶対的な存在になる。FAユースカップでは決勝マンチェスター・シティを退けて優勝。この大会でエイブラハムは9ゴールを決めた。

U21チームでも2月にデビューを飾ると、2ゴールで5-3の勝利に貢献。さらにUEFAユースリーグでも4ゴールでU19チームを優勝に導いている。ユース杯では6試合6ゴールで5シーズン連続の決勝へとチームを導いている。

2015/16シーズンも9試合8ゴール、準決勝のアンデルレヒト戦でもネットを揺らしU19チームの欧州連覇に貢献。ユース杯でも6試合6ゴールで5試合連続となる決勝進出へとチームを導くと、決勝第2戦でも頭でシーズン26ゴール目を記録した。

2015/16

2015年3月のスイス代表戦ではU19イングランド代表デビューとしてもゴールを記録。2015年10月には新契約にサインし、2018/19シーズン終了までクラブに残ることとなった。

2016年5月にはフース・ヒディンク監督のもとでアウェイでのリヴァプール戦でファーストチームデビューを果たした。

2019/20

2019/20シーズンは、フランク・ランパード監督のもとレギュラーに定着。スタメンデビューとなった開幕戦ではマンチェスター・ユナイテッド相手にポストでゴールならず。リヴァプールとのスーパー杯ではPKを獲得する活躍も、最終的にはPK戦で失敗に終わっている。

しかしながらここから立て直したエイブラハムは、8月24日のノリッチ戦で開始3分で初ゴールを記録。さらに残り20分の場面では追加点も決めて、5ゴール入り乱れる乱打戦を制している。

翌週のシェフィールド・ユナイテッド戦でもネットを揺らし、ホーム初ゴール。またウルヴズ相手にはプレミアリーグにおけるクラブ最年少ハットトリック達成を果たし、リーグ得点ランキングでも首位に躍り出る。

2019年11月にはプレミアリーグ10点目をクラブ史上2番目の若さで達成(最年少はアリイェン・ロッベン)。クリスタルパレス戦の勝利に貢献し、リーグ6連勝とした。

2019年が終わりに近づくにつれ、ゴール数は伸び悩んだが、エミレーツでの観客を魅了した逆転勝利時には、試合を決めるゴールを華麗なターンとシュートから決めた。その3週間後には、再びアーセナルと対戦したが、足首の故障で欠場し、シーズンが中断するまでの8試合のうち3試合に出場しただけにとどまった。再開後は、オリヴィエ・ジルーの素晴らしい活躍を辛抱強く眺める時間が続いた。

しかし、その苦しい時間にも、いくつか決定的な仕事をしており、その中には、途中出場から6分後に決めたクリスタルパレス戦でのゴールも含まれている。このゴールでチームは上位4位以内に近づき、エイブラハムの昨シーズンのゴール数は18ゴールとなり、チェルシーのトップスコアラーとなった。

ローン時代

2016/17シーズン開幕直前、ブリストルシティへのシーズンローンが発表。ローン移籍後2試合目で初ゴールを記録すると、9月末までには二桁ゴールを記録。2017年頭には16ゴールまで数字を伸ばし、10代としてはチャンピオンシップの最多得点記録を樹立する。最終的には48試合26ゴールで終え、残留を勝ち取った。またブリストルシティの年間最優秀選手賞、及び年間最優秀若手選手賞を受賞している。

2017年7月4日、チェルシーとの新たな5年契約にサイン。新シーズンを、元チェルシーのポウル・クレメント率いるスウォンジーで過ごすことが発表された。

スウォンジーでは最初の3ヶ月で5ゴールを決めたエイブラハム。2017年11月にウェンブリーで行われたドイツ代表との親善試合ではイングランドフル代表デビューを果たしている。

スウォンジーでは公式戦39試合に出場し8得点。チームはチャンピオンシップに降格となった。

2018年8月31日、チャンピオンシップのアストンヴィラへローン移籍が決定した。2018/19シーズンを通してレギュラーに定着したエイブラハムは、アストンヴィラがリーグ制覇を達成した1980/81シーズン以降初めて同クラブで単一シーズンに20ゴールを達成した選手となった。

このシーズンには40試合に出場し26ゴールを記録したエイブラハム。ウェンブリーで行われたダービーとのプレミア昇格プレーオフ決勝戦でもネットを揺らし、チームをプレミアリーグ昇格へと導いた。PFAチャンピオンシップ年間ベストイレブンにも選出され、2019年夏にはイングランド代表としてU21欧州選手権にも出場している。

代表歴

2016年10月にはイングランドU21代表に招集。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表相手のデビュー戦でいきなり2ゴールを記録し、5-0の勝利に貢献した。2017年6月にはポーランドで行われたU21欧州選手権に出場。ワントップとして活躍、準決勝ではドイツ代表相手にゴールを記録もPK戦の末敗れている。

 

2016年10月にはイングランドU21代表に招集。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表相手のデビュー戦でいきなり2ゴールを記録し、5-0の勝利に貢献した。2017年6月にはポーランドで行われたU21欧州選手権に出場。ワントップとして活躍、準決勝ではドイツ代表相手にゴールを記録もPK戦の末敗れている。

スウォンジーへローンで加わったシーズン開幕後3カ月間で5得点を挙げたエイブラハムは、2017年11月にウェンブリーで行われたドイツ戦の親善国際試合でイングランド代表としてフルデビューを果たした。

チェルシーに復帰した2019/20年もエイブラハムは好調で、リールでのチャンピオンズリーグ初ゴールを決めるなど結果を残し、10月のインターナショナルブレイクでイングランド代表に招集された。プラハでのユーロ2020予選に参加したことで、以前はナイジェリア代表としての可能性も残していたエイブラハムの今後の代表としての展望がはっきりとした。翌月には、ユーロ2020予選、モンテネグロ戦でスリーライオンズとして初ゴールを決め、7-0での勝利に貢献した。