アンディ マイヤース

育成チーム監督

2019年夏から、チェルシー育成チームの監督に就任。

アカデミーに10年間携わってきたマイヤース。これまではU15チームを率い、U21、U19でもアシスタントを務めた。UEFAユースリーグ連覇や、2013/14シーズンのU21リーグタイトルを手にしたチームのスタッフとして結果を残してきた。

現役時代はクラブのディフェンダーとして100試合以上に出場。2016/17シーズンにはフィテッセでコーチも務め、2017/18シーズンからジョー・エドワーズのアシスタントとして育成チームに加わっている。

ジョディ・モリスがフランク・ランパードとともにダービーで指導に携わることになったため、U18チームの監督を務めると、チームをリーグ3位に導いた。

2019/20シーズンに、新しく任命された育成チームのヘッドコーチが無敗でリーグを終えて、若いブルースが短い歴史の中で初めてプレミアリーグ2を優勝しました。 コロナウイルス感染のため、シーズンは18試合後に短縮されましたが無敗で首位に座っていたチェルシーがの優勝が決まりました。プレミアリーグは、ゲームごとのポイントを換算し最終順位を決定しました、結果マイヤース率いる育成チームがタイトルを獲得しました。