トーマス トゥヘル

監督

トーマス・トゥヘルはフランス王者PSGで2年半を指揮を執った後、2021年1月26日にチェルシーの監督に就任した。

トゥヘルはランパードを継ぎドイツ人として初めてチェルシーの監督に就任した。

PSGでは4つのタイトルを獲得し、チャンピオンズリーグ決勝進出を果たした。

それ以前はブンデスリーガで7年間監督を務め、マインツではヨーロッパリーグ出場、そしてボルシア・ドルトムントではドイツカップを手にした。

チェルシーではそれぞれドルトムント、そしてPSGで指導したクリスチャン・プリシッチとチアゴ・シウバに再会することとなった。