クリスチャン プリシッチ

ドルトムント
  • 生年月日

    1998年9月18日
  • 出身地

    USA
  • ポジション

    フォワード

2019年1月、チェルシーFCはボルシア・ドルトムントとクリスティアン・プリシッチの完全移籍で合意した。

プリシッチは今シーズン終了までドルトムントへローン加入し、2019/20シーズンからブルーズに合流する。

20歳のプリシッチはブルーズと5年半の契約にサイン。マット・ミアズガ、ロイ・ウェガリーに続いてクラブでは3人目となるアメリカ出身プレーヤーだ。

素早く、両足で精度の高いキックを放るプリシッチは主に右ウィングでプレーするが、左サイドでもプレーすることができる。

ペンシルバニア州のハーシーで産まれ、元サッカー選手の親を持つ。子供時代はイングランドで過ごし、アメリカに戻るまでノーサンプトンシャーのブラックリー・タウンでプレーした。

多くの欧州のクラブが彼に注目したが、プリシッチは2015年の16歳の時にドルトムントと契約した。アカデミーで進化を続け、1年後にはトップチームデビューを飾った。

ブンデスリーガでのデビューシーズン前半戦は9試合に出場し、2ゴールを決めた。2016/17シーズンにはトーマス・トゥヘル監督の下でレギュラーを勝ち取り、次の2年間で60試合以上に出場した。

今シーズンは軽いけがのため出場時間が限られたものの18試合に出場し、12月にはチャンピオンズリーグ、ブルージュ戦で決勝点を決めるなど、ここまで3ゴールを奪っている。

 

また代表選手として、2017年にはアメリカ最優秀選手に選ばれており、ここまで代表として23試合に出場している。ゴールは9つ。彼はまたクロアチア国籍も保持している。