ヘンリー ローレンス

AFCウィンブルドン

  • 生年月日

    2001年9月21日
  • 出身地

    London, England
  • ポジション

    ディフェンダー

ヘンリー・ローレンスは、開発センタープログラムを経て、アンダー9として契約しました。

アカデミー時代本人も家族も大のチェルシーファンであり、スクールボーイ時代には主にセントラルミッドフィールドの選手であったが、様々なポジションに配置されていた。2018年7月に奨学金契約を結んだ。
ローレンスは2018/19シーズンを通して21試合に出場し、中盤と守備における彼の多才さがアンディ・マイヤーズのチームにとって特に有用であることを証明しました。特に10月に行われたブライトン戦では、土壇場で勝利を収め、3度のゴールを記録しました。また、UEFAユースリーグのモナコ戦でU-19sデビューを果たした。
2019年10月のベルギー戦でU-19レベルのイングランド・ユース国際大会に出場し、マルベラ・インターナショナル・カップでヤング・ライオンズが4-2で勝利した際には、デビュー戦でゴールを決めた。それから1週間も経たないうちに、ローレンスは現在得意としている右サイドバックのポジションで印象的なパフォーマンスを重ね、チェルシーとの最初のプロ契約に署名しました。
ローレンスは、2019/20シーズンの開始時に育成チームのデビューを果たし、スタンフォード・ブリッジでのブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で2-1の勝利を収めた際に同レベルでの初ゴールを決めて以来、常に存在感を示してきた。同シーズンのアカデミーでは、さまざまなポジションで30回出場し、5ゴールを記録しました。

ティーンエイジ・キックス - ヘンリー・ローレンス

2020年11月、19歳の彼はチェルシーと2023年夏までの契約を結び、その1カ月前にはU20イングランド代表としてデビューを果たした。


2020/21年のスタート時には、開発チームのレギュラーとして、様々なポジションで13試合に出場し、キングスメドウでのレスター戦では勝利のゴールを決めた。後半戦は怪我の影響もあり、アンディ・マイヤーズ監督のもとではさらに6試合の出場にとどまったが、最終節のアウェー、ブラックバーン・ローバーズ戦でのブレースを含む4ゴールを記録した。

ローン

2021/22年のキャンペーン開始時、ローレンスは、リーグ1のAFCウィンブルドンへの最初のレンタルに向かいました。