ケネス オメルオ

レガネス
  • 生年月日

    1993年10月17日
  • 出身地

    ナイジェリア
  • ポジション

    ディフェンダー

長身で俊足。センターバックだけでなく右サイドバックでもプレー可能。ナイジェリア代表ではU17世代から活躍を続けている。 

ベルギーのスタンダール・リエージュで経験を積むと、2012/13シーズンはデン・ハーグヘローン移籍し、ほぼ全試合に出場した。 

2013年のネイションズカップに臨むナイジェリア代表に招集されると、初戦のブルキナファソ代表戦にて途中出場すると、続く5試合はいずれもフル出場で大会優勝に貢献した。 

シーズン後半はセンターバックでの起用が多かった。 

ブルーズに戻ると、肩の負傷から復帰後はファーストチームとともにシーズンをスタートさせる。 

1月にはミドルズブラへのローン移籍が発表に。 

この経験がオメルオの成長を大きく促すこととなる。 

サイドでのポジション争いにこそ苦戦したものの、センターバックとしてミドルズブラのレギュラーに定着。 

時に右サイドバックでもプレーしながら、チャンピオンシップを戦い抜く。 

シーズン終了後のW杯では代表チームに招集。ブラジルでは全試合に出場し決勝トーナメントに進出。しかしフランス代表に敗れている。 

2014年8月、再びミドルズブラへローン移籍することになり、2014/15シーズンを戦うことに。22試合に出場し、チャンピオンシッププレーオフ決勝進出に貢献。 

2015年7月、トルコのカシムパサへのローン移籍し、26試合にスタメン出場。7位フィニッシュに貢献した。 

2016年8月には、1年のローン契約でトルコの昇格組、アランヤスポルへの加入が発表された。 

オメルオはすぐさまレギュラーに定着。4-1で勝利したアンダナスポル戦ではリーグ戦初ゴールも記録。シーズン26試合出場でシーズンを終えている。 

2017/18シーズンは再びカシンパサへのローンで実力を磨くこととなり、それと同時にチェルシーとの契約を2020年までに延長している。カシンパサでは28試合に出場した。

2018年のW杯でナイジェリア代表入りしたオメルオはアイスランド戦、アルゼンチン戦で先発出場した。

2018年8月、オメルオはスペイン1部のレガネスへローン加入することが発表された。