レヴィ コルウィル

ハダースフィールド・タウンFC

  • 生年月日

    2003年2月26日
  • 出身地

    サウサンプトン, イギリス
  • ポジション

    ディフェンダー

レヴィ・コルウィルはU9チームからプレーし成長を続けている。

2021/22シーズンはチャンピオンシップのハダースフィールドでプレーすることになった。
 

アカデミー時代

イングランドU-17にも選出、センターバックを主戦場とするが、左サイドバックやウィングバックでもプレー。ボールを持って駆け上がるプレーも持ち味だ。

2019/20シーズンは主にU18でプレーし、9月に行われたUEFAユースリーグ、引き分けで終わったバレンシア戦でU19デビューを果たしたほか、ブラッドフォード・シティに5-0での勝利した試合でFAユースカップにも初出場を果たした。

好パフォーマンスを見せた若きディフェンダーは、2020年の初めに育成チームで出場機会を増やた、最初の出場はエバートンとの2-2での引き分けの試合だったが、残念ながら、ユースカップでのミルウォール戦(スタンフォード・ブリッジ)で膝を痛め、シーズンを早々に終了したが合計で23試合に出場した。フルタイムのプレーヤーとして最初のシーズンを過ごし、2020年2月に17歳の誕生日を迎えた彼は、2023年までの契約でクラブとプロ契約を結んだ。

シーズン終盤に怪我から復帰したコルウィルは、2020/21シーズン序盤からアンディ・マイヤース監督率いる育成チームでプレーし、プレミアリーグ2では11試合中9試合スタメン出場を果たし、チームにとって欠かせない存在であることを証明した。

2021年6月、チェルシーと新たに4年契約を結び、ハダースフィールドへのレンタル移籍で初めてシニアサッカーを経験することが発表された。