ティエルノ バロー

SKラピード・ウィーン

  • 生年月日

    2002年1月2日
  • 出身地

    Abidjan, Ivory Coast
  • ポジション

    ミッドフィルダー

ティエルノ・バロは、2018年1月にドイツのFCヴィクトリア・ケルンから私たちのアカデミーに参加したエキサイティングな選手です。現在、オーストリアのラピッド・ウィーンに初のレンタル移籍をしています。

ストライカーとしても10番としてもプレーできる21歳以下のオーストリア代表で、スピードとアジリティに優れ、ゴールを生み出したり、決めたりすることができます。2019年1月にクラブで初のプロ契約を結んだ。

イングランドでの堅実な初シーズン、フォワードはリーグ戦で23試合に出場し、FAユースカップとUEFAユースリーグの両方で若きブルーズの一員として活躍し、ゴール数も2桁に達しました。そのうち10得点は、9月のライバル、アーセナル戦での先制点で、チームはホームで3-1の勝利を収めた。

バロはイングランドサッカー界での2シーズン目をアンディ・マイヤーズの育成チームでスタートさせ、シーズンの残りの期間はそのレベルで大半をプレーし、2019年9月のレスター・シティ戦で初ゴールを決めた。このミッドフィールダーは、キャンペーン中、アカデミーで合計28試合に出場し、4ゴールを決めました。

12回の出場、3アシスト、1ゴールを記録した2020年12月、彼はチェルシーとの新契約を結び、2022年6月までクラブに在籍することになった。後半戦の活躍により、7ゴール4アシストを記録し、育成チームの得点王の座を獲得した。

代表

バロは、オーストリアのユースチームのレギュラーとして、15歳以下の年齢層から21歳以下の年齢層まで幅広く活躍してきました。最上級のユース国際大会であるサウジアラビア戦では、デビュー戦でハットトリックを達成するなど、19歳にして素晴らしいスタートを切った。2021年6月に開催された2023年欧州選手権の予選、エストニア戦でU-21オーストリア代表として初出場を果たしました。

シニア・キャリア

2021年8月の締め切り日に、バロは2021/22年の残りの期間をオーストリアのトップリーグであるラピッド・ウィーンにレンタルすることが発表されました。