サッリ - "全員が素晴らしかった"